2017年01月31日

女性教室「針さし作り」

1月31日(火)9:30〜、弦打コミュニティセンター小会議室にて、女性教室「針さし作り」が実施されました。フェルト等の布と綿何れも少量の材料で仕上げることの出来る、ワイドサイズで見るからに使い勝手のよさそうな針刺しが華やかに仕上がっていました。

CIMG1634.JPGCIMG1636.JPG

2017年01月26日

折り紙工作教室(第2回)

1月25日(水)10:00〜、弦打コミュニティセンター小会議室にて、折り紙工作教室第2回目が実施されました。2回に亘ってじっくりと丁寧に作品作りに取り組んだおかげで、参加者全員の折り紙傘がみごとに可動するものに仕上がっていました。

CIMG1627.JPGCIMG1630.JPGCIMG1629.JPGCIMG1631.JPG

2017年01月23日

男性料理教室

1月21日(土)9:30〜、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『男性料理教室』が開催されました。
今回は、特別講師に魚料理の専門家、友澤敏雄先生をお迎えして、魚のさばき方や包丁の選び方、各々の食材の旨味を引き出す調理法などを指導していただきました。
メニューは、鰤のしゃぶしゃぶ、鰤のステーキ、鰤大根といった豪勢な鰤づくしで、味のクオリティもかなり高かったことから参加の皆様から歓喜の声が多数あがっていました。

CIMG1621.JPGCIMG1622.JPGCIMG1625.JPGCIMG1623.JPG


2017年01月17日

折り紙工作教室(第1回)

1月17日(火)10:00〜、弦打コミュニティセンター小会議室にて、折り紙工作教室が実施されました。
昨年10月29日・30日開催の、ふれあい交流事業文化祭で出展されていたものと同じ可動式傘の作製に挑戦しましたが、上手く開閉できる傘に仕上げるには時間がかかるとのことで参加者はじっくりと丁寧に作業に取り組んでいました。第2回目は1月25日(水)今回と同時刻同所での実施になります。

♪まず最初に、講師の松本さんより作り方の説明がありました。
CIMG1616.JPG

CIMG1617.JPGCIMG1619.JPG

寒いなかですが、ひと足早い春

弦打コミュニティセンターに、地域の方々からお花を頂戴しました。チューリップと水仙。春らしいお花です。今週末も寒気が入ってくるとのことで、寒さが予想されています。皆さまも風邪などひかれませんようにお気をつけください。
CIMG1609.JPG

CIMG1611.JPG

阪神大震災から22年

 今日、1月17日は阪神大震災から22年。5時46分に大地震が発生しました。私たちの住む高松市においてもやや強い揺れで目が覚めたという人は多かったのではないでしょうか。暫くしてテレビをつけると、壊れた家、ビル、道路、そしてあちこちで火があがっている神戸の街・・・。想像を超える凄惨な状況でした。
 2011年3月11日の東日本大震災、2016年4月14日の熊本地震等、地震列島日本。いつか必ず来るといわれる南海トラフの大地震は、私たちの住む地域の日常を壊してしまうでしょう。
 弦打校区コミュニティ協議会でも防災部会を中心に、年に1回防災訓練を行っています。行政の支援はすぐにはありません。自分たちの地域は自分たちで守ることを今一度認識し、お互いに助け合っていくことの大切さを考えてみてはどうでしょうか。
posted by K at 14:03| Comment(0) | その他

生涯学習スポーツ部会でコミセン講座等についての話し合い

 1月16日(月)19:00〜、コミュニティ協議会生涯学習スポーツ部会の定例会があり、平成29年度のコミュニティセンター講座等の実施する内容について、生涯学習推進員であるコミュニティセンター職員が参加し、現状をお伝えし、部会員の皆さんと今後の計画についての話をしました。
 「自分であればどんな講座に参加したいか」「弦打の子どもたちが喜んで取り組んでくれ、学習効果があるのはどのような講座か」を中心に検討してもらい、さっそくいくつか良い案が出ました。
 また、せっかく良い講座を企画しても参加人数が少ない場合があり、「今後は『弦打コミュニティセンター便り』等でお知らせする際に工夫が必要である。」との意見も頂戴しました。
 次回の開催日、2月20日(月)にも次年度計画についての話をする予定です。講座参加を、地域の皆さんにとって楽しい生きがいの一つとしていただけるよう、検討して参りたいと思います。

2017年01月16日

親子料理教室

1月14日(土)10:30〜、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『親子料理教室』が開催されました。
森永乳業様による出張料理教室(食生活改善推進員によるサポートあり)ということで、乳製品を主材料にしたおやつメニューに挑戦しましたが、調理過程で火をいっさい使用しないものだったので、小さなお子さまも安心してカナッベやチーズクリームパフェを完成させていました。
CIMG1612.JPG