2018年07月30日

夏休み読書感想文の書き方教室

 7月27日(金)、7月30日(月)、弦打コミュニティセンター2階小会議室において、夏休み読書感想文の書き方教室が実施されました。
 元小学校教員である古川桂子先生のご指導のもと、初日は小学校1〜3年生、2日目は4〜6年生が感想文の書き方手順と構想メモの作り方を熱心に学習しました。

♪小学校1〜3年生の部(7/27)
CIMG3848.JPG

♪小学校4〜6年生の部(7/30)
CIMG3849.JPG

CIMG3850.JPG

中には、講座受講時間内に感想文そのものを完成させた子どももいました。
 

地域ふれあい交流事業実行委員会全体会

 7月25日(水)19:00〜、弦打コミュニティセンターにおいて、弦打地区地域ふれあい交流事業実行委員会の全体会(役員、委員)が開催され、平成30年度文化祭の事業計画、事業予算が承認されました。
 今年度のふれあい交流事業文化祭は10月27日(土)、10月28日(日)に実施されます。
 皆様のご参加、ご協力をお願いします。

バザー券前売りについて
 平成29年度取りやめていたバザー券の前売り販売を、平成30年度は地域の多数の要望により、復活します。うどん300円、寿司300円にて自治会長を通して自治会員に、又、弦打コミュニティセンターでも販売します。販売期間は10月15日(月)まで。「おうどん、お寿司、おいしかったわ」と、昨年皆さまに好評だった業者さんに、今年もお願いする予定です。
 コミュニティセンターでの販売は、平日9時から17時。どなたでも1枚から購入できます。団体の方も大歓迎。なお、当日券は寿司に関してはありません。うどんは多少用意しておりますが、できれば前売り券をお買い求めくださいますよう、お願いいたします。

IMG_0244.JPG

2018年07月27日

台風接近に伴う土のう作製場所などのお知らせ

高松市役所河港課からの「土のう作製場所開設」についての情報です。
台風12号の接近に伴いまして、大雨・洪水・土砂災害等が予想されるため、土のう作製場所を開設します。土のう作製場所には、砂・土のう袋・スコップを準備しておりますので、各自で作製して、お持ち帰りいただきますようお願いします。*土のう等の回収は行いませんので各自で保管し、再利用してください。
開設場所:市内25ヶ所(香西西町560番1香風荘跡地、香西本町762−2香東川浄化センター、番町二丁目13番高松工芸高校北西側、国分寺町新居1298国分寺総合センター北駐車場など)
開設日時:平成30年7月28日(土) 8:00〜19:00
     平成30年7月29日(日) 8:00〜19:00
*今後の台風の進路状況により、開設日時が変更になる場合があります。
開設場所:市内25ヶ所
高松市のHPに土のう作製場所についての位置図等も掲載しております。

コミュニティ推進課より、台風第12号に関する情報について、お知らせいたします。
台風第12号が香川県に最も接近するのは、29日明け方頃になる見込みです。
今後、台風が予想進路の中心を進んだ場合、28日正午から29日正午までの
24時間降水量(多い所)は100ミリから200ミリと予想され、28日昼過
ぎから大雨・洪水注意報の発表が、早くて28日夕方から大雨・洪水・暴風・波
浪警報の発表が見込まれています。
また、高潮については、28日夜遅くに高潮注意報が発表される見込みです。
今後の情報等に十分注意してください。

2018年07月23日

ゆめ&キッズ夏まつり大盛況

 7月21日(土)15:30から、弦打校区コミュニティ協議会ゆめづくり実行委員会、つるうちキッズクラブの主催で、弦打小学校体育館、弦打コミュニティセンターで行われたゆめ&キッズ夏まつり。暑さに負けない子どもたちの熱気、大人たちのワクワクが止まらない大盛況の様子をご覧ください。
 夏まつり開催にあたり、たくさんの地域のボランティアスタッフにご尽力いただきました。ありがとうございました。
夏まつりa_004a.jpg
夏まつりa_008_0000.jpg
夏まつりa_010.jpg
夏まつりa_021a.jpg
夏まつりa_022.jpg
夏まつりa_028a.jpg
夏まつりa_035a.jpg
夏まつりb_002.jpg
夏まつりb_008.jpg
夏まつりb_011.jpg
夏まつりb_012a.jpg
夏まつりb_014.jpg
夏まつりb_018a.jpg
夏まつりb_021d.jpg
夏まつりb_025.jpg
夏まつりb_028.jpg
夏まつりb_034.jpg
夏まつりb_041.jpg
夏まつりc_012a.jpg
夏まつりc_016.jpg
夏まつりc_023.jpg
夏まつりc_031.jpg
撮影:コミュニティ協議会広報部会 藤村部会長

2018年07月13日

7月17日(火)は弦打コミセンで結核・肺がん集団検診〜駐車場について〜

日時 7月17日(火)
【午前】9:30〜11:30【午後】13:30〜14:30
場所 弦打コミュニティセンター
内容 胸部エックス線間接撮影
次の項目に該当する方は、この集団検診は受診できません。
妊娠中や妊娠の可能性のある方。
最近6か月以内に血痰の症状(たんに血が混じる症状)がある方(医療機関への受診をお願いいたします。)
※予約は不要です。対象者の方には受診券を6月末にお送りしています。「結核・肺がん集団検診受診券」の裏面の質問票を記入し、当日会場にご持参ください。
〈お問い合わせは〉勝賀保健ステーション 電話(882−7971)へ。

弦打コミュニティセンターの駐車場についてexclamation
駐車場には限りがあります。できるだけ自家用車以外の方法で来ていただくことをおすすめします。
入口は南(弦打保育所側)で、出口は北(駐輪場側)の一方通行にしています。
たいへん混み合うことが予想されます。コミュニティセンター近くには幼稚園、保育所、小学校があり、小さな子がたくさんいますので、ドライバーの皆様におかれましてはご注意くださるようお願いいたします。

食中毒警報発令中

香川県全域に食中毒警報(第2号)が7月12日に発令されました。
(12日の前2日間の平均温度28.0℃、平均相対湿度78.5%)

7月12日(木)から7月18日(水)までの7日間
食中毒原因菌は、温度25℃〜40℃、湿度75%以上の環境で急速に増殖します。
現在、気温・湿度とも高くなっていますので、食品の取扱いに十分注意しましょう。
「つけない、ふやさない、やっつける あなたが防ぐ食中毒」

食中毒予防3原則
○「つけない」 手指、器具の洗浄消毒。
○「ふやさない」 迅速な処理、温度管理。食品は調理後、早めに食べきる。
○「やっつける」 火を通すものはしっかり加熱。

情報元 高松市保健所生活衛生課

2018年07月12日

買う前にわかる!初めてのスマホ講座

 7月11日(水)13:30〜、弦打コミュニティセンター2階大会議室において、ソフトバンクのスマホアドバイザーによる「買う前にわかる!初めてのスマホ講座」が実施されました。
 まだ一度もスマートフォンに触れたことのない方も安心して受講いただける講座で、受講者は、1人に1台ずつ貸し出された練習用のスマートフォンを存分に操作して、楽しさと便利さを実感していました。
 
CIMG3844.JPG

CIMG3843.JPG

「つるピー連」高松まつり総おどり練習 体育館練習

 7月10日(火)19:00〜「つるピー連」高松まつり総おどり練習を、弦打小学校体育館で実施しました。体育館での実施は初の試みで、前回までの練習よりも多くの方にご参加いただくことができましたが、つるピー連ではまだまだ参加者を絶賛募集中です!大勢の方に総おどりに出場していただきたいので皆様ふるってお申込みください!!
《今後の練習予定》
 7月18日(水)於 弦打コミュニティセンター、7月24日(火)於 弦打小学校
 体育館、8月1日(水) 於 弦打コミュニティセンター、8月8日(水)於 弦打
 コミュニティセンター  各日19:00〜
《本番》
 8月14日(火)

CIMG3833.JPG


2018年07月06日

土のう作製場所開設(追加)

大雨(長雨)に伴いまして、本日解説しております土のうの作製場所について、明日7月7日(土)につきましても、開設することといたします。
※土のう作製場所には、砂・土のう袋・スコップを準備しておりますので、各自で作製して、お持ち帰りいただきますようお願いします。
※土のう等の回収は行いませんので各自で保管し、再利用してください。
開設日時:平成30年7月6日(金)8:00〜19:00
     平成30年7月7日(土)8:00〜19:00【追加開設します】
※今後の気象状況により、開設日時が変更になる場合があります。
開設場所:市内25ヶ所(香西西町560番1香風荘跡地、香西本町762−2香東川浄化センター、番町二丁目13番高松工芸高校北西側、国分寺町新居1298国分寺総合センター北駐車場など)

土のう作製場所開設について

高松市役所河港課からの「土のう作製場所開設」についての情報です。
大雨(長雨)の予報発表に伴いまして、大雨洪水及び高潮等が予想されるため、土のうの作製場所を開設します。砂・土のう袋・スコップを準備しておりますので、各自で作製して、お持ち帰りいただきますようお願いします。
開設日時:平成30年7月6日(金) 8:00〜19:00
今後の気象状況により、開設日時が変更になる場合があります。
開設場所:市内25ヶ所(香西西町560番1香風荘跡地、香西本町762−2香東川浄化センター、番町二丁目13番高松工芸高校北西側、国分寺町新居1298国分寺総合センター北駐車場など)

2018年07月05日

お花をご覧ください

 フラワーアレンジ同好会講師の赤尾先生が、コミュニティセンターにハーバリウムを飾ってくださいました。階段横にあります。
 ひまわり他、目にも涼しい夏の花々で作られた幻想的な光景を、是非ご覧になってください。

CIMG3806.JPG





 

夏休み子ども工作講座『廃アルミ缶を使ってロータリーキャンドルホルダーを作ろう!』のご案内

 平成30年7月31日(火)午前9:30〜より実施予定の、夏休み子ども工作講座『廃アルミ缶を使ってロータリーキャンドルホルダーを作ろう!』の作品見本動画が以下からご覧いただけます。
 作る時も作った後も楽しさ満載の同講座に、是非ご参加ください!!



《詳細はこちらのセンター便りに掲載されています。》
http://tsuruuchi.net/center/gyouji/h30_pdf/dayori_1807.pdf

警報発令時の木曜つるピー教室(放課後子ども教室)の実施の有無について

7月5日(木)午前11時現在、高松地域において大気が非常に不安定な状態が続いており、高松市に大雨等の警報が発令された場合は、本日、午後からの「木曜つるピー教室」(放課後子ども教室)はお休みになります。

シートベルト着用・自転車の安全利用啓発街頭キャンペーン

 7月5日(木)7:30〜8:00、産業道路木太鬼無交差点付近にて、弦打校区コミュニティ協議会等が交通安全啓発のためのキャンペーンを行い、登校中の子どもたち、一般のドライバー、自転車利用者等に向けたキャンペーンを実施しました。
 視界が良くない雨天でしたが、自転車の学生・大人は、傘さし運転はせずきちんとレインコートを着用していました。木太鬼無線の鶴市・西春日工区2キロが7月2日に開通したことを受けて、車の流れが変わりましたが、今のところひどい渋滞や混乱は生じてないようです。 
 ドライバーの皆さまは、どうぞ安全運転でお願いします。
CIMG3824.JPG
CIMG3828.JPG

高松まつり総おどり「つるピー連」

 8月14日(火)にある高松まつり総おどりに出場するため、弦打校区コミュニティ協議会「つるピー連」では平日の夜に練習をしています。
 昨夜7月4日(水)は、井久美子先生の指導で、今年度3回目の練習を行いました。昨年よりも踊りの技が増し、楽しい動きが増えました。子どもたちは覚えがよく、大人は子どもたちの後ろから子どもたちの動きを見ながら踊っていました。わーい(嬉しい顔)
 練習日の予定は次の通り。
7月10日(火)弦打小学校体育館
7月18日(水)弦打コミュニティセンター
7月24日(火)弦打小学校体育館
8月1日(水)弦打コミュニティセンター
8月8日(水)弦打コミュニティセンター
時間は全て19時〜。
参加申し込みは過ぎていますが、これからでも参加したい方がいらっしゃいましたら、早めにご連絡ください。本番で着用の衣装は赤色のTシャツ(1500円)を購入するか、昨年、黒色のTシャツを購入された方はそちらでも結構です。
よろしくお願いします。
CIMG3811.JPG

2018年07月03日

都市計画道路木太鬼無線(西春日・鶴市工区)開通式

平成30年7月2日(月)10:00〜、木太鬼無線道路峰山トンネル(弦打側)にて、鶴尾・弦打校区コミュニティ協議会の主催で、木太鬼無線(西春日・鶴市工区)の開通を記念し、記念式典が開催されました。
セレモニーでは鶴尾校区コミュニティ協議会植松会長の開会宣言、弦打校区コミュニティ協議会大西会長の挨拶、来賓の大西高松市長、二川高松市議会議長の挨拶があり、テープカット、香川県警察音楽隊の演奏、鶴尾小学校、弦打小学校3年生児童による合唱等、華やかに執り行われました。
セレモニー閉会後は「開通記念ウォーク」として、徒歩でトンネルを歩く催しがあり歓喜に満ち溢れた表情をした人ばかりでした。
同日午後2時から道路の一般供用がされ、待ちに待ったドライバーが、弦打から鶴尾へ、又、鶴尾から弦打へ真新しい道を走り抜けていました。
弦打側は子どもたちの通学路もあります。ドライバーの皆さまは安全第一に運転をお願いします。
木太鬼無線祝賀会a_017.jpg
木太鬼無線祝賀会a_023a.jpg
木太鬼無線祝賀会a_029a.jpg
木太鬼無線祝賀会a_033b.jpg
木太鬼無線祝賀会a_037.jpg
木太鬼無線祝賀会a_039.jpg
木太鬼無線祝賀会a_041.jpg
木太鬼無線祝賀会a_046.jpg
木太鬼無線祝賀会b_001.jpg
木太鬼無線祝賀会b_033a.jpg
峰山トンネル開通_029.jpg
峰山トンネル開通_028.jpg
撮影:広報部会 藤村部会長