2018年10月30日

弦打地区地域ふれあい交流事業文化祭

 秋晴れの下、盛大に行われた文化祭。弦打校区地域ふれあい交流事業実行委員会により10月27日(土)、28日(日)9時〜15時に弦打コミュニティセンター、弦打小学校体育館にて開催。地域の方々がたくさん集い、熱い思いが溢れるイベントとなりました。
 「50%みんなのために!50%自分のために!」は、弦打校区コミュニティ協議会の「つるピーサポーター募集」のポスターに載っている言葉です。手作り感満載の文化祭はまさに地域のみんなで作り上げたもの。
 「作品展」「つるピーのど自慢大会」「学習発表会」そして「つるピーと大抽選会」など、自分ひとりではできないことも、たくさんの方の思いやり溢れるご協力で形になっています。ボランティアを買って出た児童・生徒さんをはじめ、大人の地域ボランティアの皆さん、業者の皆さんに至るまで、全てのご協力者に感謝。これからも仲良く一緒に楽しんでいきましょう!感謝の気持ちは忘れずに。黒ハート
ふれあいa_003a.jpg
ふれあいa_007.jpg
ふれあいa_010.jpg
ふれあいa_012.jpg
E381B5E3828CE38182E38184a_013.jpgふれあいa_016a.jpg
ふれあいa_020a.jpg
ふれあいa_023x.jpg
ふれあいa_024.jpg
ふれあいa_032.jpg
ふれあいa_043a.jpg
ふれあいa_061a.jpg
ふれあいa_057.jpg
ふれあいa_047.jpg
ふれあいa_010.jpg
ふれあいa_049.jpg
ふれあいb_002a.jpg
ふれあいb_012ab.jpg
ふれあいb_025.jpg
ふれあいb_036.jpg
ふれあいb_034.jpg
ふれあいb_040.jpg
ふれあいb_044.jpg
ふれあいc_019a.jpg
ふれあいc_022ax.jpg
ふれあいc_028a.jpg
ふれあいc_029.jpg
ふれあいc_033.jpg
ふれあいc_034ax.jpg
ふれあいc_039.jpg
撮影:コミュニティ協議会広報部会 藤村部会長


2018年10月22日

男性料理教室

 10月20日(土)9:30〜12:30、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『男性料理教室』が開催されました。
 今回は、「アレンジ可能なドライカレー」をメインに、青菜のヨーグルトソース、オレンジババロアを作りました。
 試食時には、食生活改善推進員さんより菜食推進のお話(野菜を1日350g以上食べましょう。)があり、参加者は熱心に耳を傾けていました。
 尚、今回の講座が、広報つるうちに掲載されるとのことで、弦打コミュニティ協議会 藤村広報部会長の取材を受けました。 


男性料理教室_005a.jpg

男性料理教室_022.jpg

男性料理教室_046.jpg

男性料理教室_050ab.jpg

男性料理教室_052a.jpg

平成30年度 高松市環境美化推進運動功労者等表彰式が行われました

10月17日(水)、高松市役所にて、高松市環境美化都市推進会議が、環境美化運動の普及、発展に資するため、環境美化の推進に功労のあった個人(功労者賞、永年功労者賞)及び団体(功労者賞受賞者、永年功労者賞)に表彰状を贈呈しました。
弦打校区からはコミュニティ協議会環境美化部会を代表して冨本二郎氏が功労者賞、団体では高松市立弦打小学校児童会(池西郁広校長)、明見公園愛護会(片山喜晴会長)が永年功労者賞を受賞し、大西市長から表彰状を受け取りました。
暑い日も寒い日も、日頃から地域の清掃活動、緑化活動に取り組んで来られ、美しい景観が保たれています。受賞された皆さまに、感謝申しあげます。

2018年10月16日

幟(のぼり)を設置〜待ち遠しいふれあい交流事業文化祭

 10月27日(土)、28日(日)に開催の弦打地区地域ふれあい交流事業に向けて、実行委員会等で校区内20箇所に啓発用幟旗を今年度初めて設置しました。
 設置の私有地等では幟をご覧になった方々から問合せがあったりと、手ごたえがあるようです。
 この7月に開通した都市計画道路木太鬼無線においても峰山トンネルの弦打側に設置、ドライバーや道行く人に見ていただけることと思います。
 なお設置にあたっては関係機関等に承認を得ております。
IMG_0649.JPG
IMG_0652.JPG



2018年10月15日

ふれあい交流文化祭のバザー前売りについて

10月27日(土)28日(日)弦打地区地域ふれあい交流事業文化祭バザー
 うどん券・寿司券の前売り券は各300円。販売は今日夕方5時までです!!
 *うどんは当日、現金売りもしておりますが無くなり次第終了します。
 *うどんは「やまびこ会」さんのおいしいうどんの販売です。やまびこ会さんは当日、具だくさん海苔がたっぷりのおむすびも販売しています。
  
自治会長さんへお願い
 まだコミュニティセンターへ売上金とお預けした残りの前売り券をご持参いただけていない自治会長さんは、今日夕方5時までにお願いします。(都合により来られない方は、必ずご連絡ください。売上金がない場合も券を戻していただきます。)

2018年10月09日

空き家等実態調査の実施について〜高松市くらし安全安心課より〜

 平成30年10月中旬から平成31年2月末にかけて、市内全域の空き家等の状況把握及び高松市空家等対策計画の見直しのため、高松市の委託を受けた業者(株式会社ゼンリン高松営業所)の調査員が調査員証を身に着けて巡回し、空き家であると思われる建物を外観調査します。調査員がみだりに敷地内に立ち入ることはありませんが、不審な場合は調査員証の提示を求めるか、くらし安全安心課(電話087−839-
2555、ファックス087−839−2276)までご連絡いただけるようお願いします。

2018年10月02日

高松市防災ラジオ申込について

高松市危機管理課より防災ラジオ申込方法についてのお知らせ

● 申し込み
時期:平成30年10月1日(月)〜平成30年10月31日(水) 消印有効
下記の窓口に置いております申込用紙・封筒により危機管理課に郵送で申し込み
(申込書は、各総合センター、支所・出張所でもお受け取りいたします。)
世帯主の氏名と住所が確認できる健康保険証や免許証などの写しのご提出が必要です。
※注 防災ラジオは、受注生産のため、引き渡しは平成31年6月〜7月頃を予定。
【申込書設置窓口】
お近くのコミュニティセンター、勝賀総合センター、
高松市防災合同庁舎3階危機管理課
(旧市内のコミュニティセンターには、貸出用見本を配備)
● 販売台数
715台(先着順)
● 負担額
1台 1,000円(税込み)
※なお、購入に係る負担額1,000円での販売は、今年度が最後です。
● 販売対象者
・エフエム高松の放送を利用予定場所で明瞭(※)に受信できる市内に在住の人(事業者も可)。
※明瞭とは、ラジオの放送に音割れやノイズなく、内容が聞き取れることを指します。
・すでに防災ラジオを購入した世帯・事業者は申込できません。(1世帯1台、1事業者1台限り)
※注1 牟礼町・庵治町・香川町・香南町・国分寺町の地域にお住まいの方には、エフエム高松の放送を受信しにくいため、別の周波数を利用するタイプの防災ラジオをお申し込みください。
※注2 塩江町は、塩江ケーブルネットワークで対応します。
● 高松市防災ラジオの特徴
@割り込み放送
ラジオ放送を聴いていても、緊急放送が最大音量で自動放送されます。
A自動起動
緊急放送受信待機状態であれば、自動でスイッチが入り緊急放送を開始します。
B普段はラジオとして使用
FM3局(エフエム高松、NHKFM、エフエム香川)、AM3局(NHK第一、NHK第二、RNC)のラジオ放送を聴くことができます。
C緊急放送を受信すると、ライト(LED)が点灯します(手動でも点灯できます)。
● 緊急放送の主な内容
・市が発表する避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)など
・全国瞬時警報システム(J-アラート)から送信される緊急地震速報、津波警報等
■問い合わせ先
高松市危機管理課 電話1(プッシュホン)839−2184

※弦打コミュニティセンターにおいても購入申込書【世帯用】【事業者等用】、記入例及び封筒が事務室窓口にございます。

2018年10月01日

反射材着用啓発街頭キャンペーンを行いました

 9月28日(金)17:30〜18:00の夕ぐれ時、産業道路、木太鬼無交差点付近にて、反射材の着用をドライバーや道行く人に啓発するために反射材のタスキ(弦打駐在所長が提供)を掛けて、弦打校区コミュニティ協議会が交通安全のキャンペーンを行いました。今回は3人の児童も保護者とともに参加してくれました。
 峰山トンネルの開通に伴い、朝晩は当交差点付近、とりわけ東西の道が非常に混み合うようになりました。時間に余裕をもって行動し、事故を防止しましょう。
 
IMG_0599.JPG
IMG_0611.JPG
IMG_0601.JPG