2019年07月10日

のら猫にエサを与えている方へ〜高松市保健所より〜

高松市保健所生活衛生課からのお知らせです。
【のら猫にエサを与えている方へ】
近年、のら猫のふん尿被害やいたずらなどによる苦情が、保健所に多数寄せられています。
エサを与えるだけで、その後の管理をしない無責任な行為は、結果的にのら猫の数をどんどん増やすことになります。ご近所迷惑なだけでなく、交通事故や伝染病、虐待などで死亡する不幸な猫を増やしてしますことにもなるのです。

【あなたの猫がみんなから好かれるために】〜飼い主としての義務と心がけ〜
●完全室内飼いをお勧めします。
交通事故や伝染病の心配が少なくなり、糞尿やいたずらによるご近所トラブルの心配もなくなります。

●飼い主には首輪、名札(迷子札)をつけましょう。
猫が道に迷ってもあなたのもとへ帰ることができます。

●不幸な猫を増やさないために、不妊・去勢手術をすませましょう。
不妊・去勢手術はマーキング行動やケンカ、病気の予防にもなります。不幸な猫を作らないためにも、猫の家族計画は飼い主の責任です。

●猫を捨てないで!
「捨て猫」は立派な犯罪です。無残な死を迎えるか、のら猫となってみんなに迷惑をかけます。