2020年05月15日

5月18日から開館を再開し、条件を満たす場合は使っていただけます

弦打コミュニティセンターでは、高松市の要請に基づき、5月31日(日)までお願いしておりました臨時休館の期間が短縮され、5月18日(月)から、感染リスクを避けられる場合にはご利用していただけます。

「市有施設の再開時における貸館実施に関する基本的な考え方」 
1 換気ができない部屋(窓や換気装置がない)は、原則、貸し出さない。
2 参加者間の適切な距離(基本2メートル)が確保できる利用人数を、大幅に超える使用については、貸し出さない。
3 利用者に、次の「注意事項」に留意するよう要請する。
「注意事項」
・参加者相互の距離を十分確保すること。
・施設利用中のマスク着用又は咳エチケットを順守すること。
・定期的な換気を行うこと。
・手洗いの励行又は消毒液等を設置すること。
・発熱や風邪症状がある人へ参加自粛の要請を行うこと。

接触が避けられず「3密」になったり、飛沫が飛ぶような使用団体は、感染拡大防止の観点からご利用いただけません。
また、図書室においては本の貸し出し、返却を受け付けますが、長い間、留まることや、人が密集してしまうことが避けられない場合は、ご利用できません。
コミュニティセンター主催講座につきましては、5月末日まで中止が決定しております。

感染のリスクがあることを踏まえ、何卒、ご理解ご協力をお願いいたします。
今後とも弦打コミュニティセンターをよろしくお願いいたします。