2020年07月17日

新型コロナウイルス接触確認アプリについて

 厚生労働省「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)の説明及びインストール方法は、「つるうち.ネット」トップページからもご覧になれます。
 感染拡大局面に陥らないよう、一人ひとりが留意して外出時には行動するよう心がけていきましょう。(発熱症状があるときは、外出を控えてください。)
 弦打コミュニティセンターにおいても、さらなる換気(多くの部屋で窓を開け放っており、換気扇を回しております。)、手指消毒の徹底(玄関付近、トイレにも設置しております。ご利用ください。)マスク着用を利用者に呼びかけているほか、「密」にならない部屋の利用を呼び掛けておりますが、今後とも人と話をするときは2メートルの距離をとることなど、忘れずに注意して実践していきましょう。
 又、コミュニティセンターの印刷室の利用については、狭いですので2人が同時に入らないという注意が必要です。
 体温を測りたい場合は、非接触型の体温計及び通常の体温計がありますので、事務室までお声掛けください。
 貸館について安心・安全に弦打コミュニティセンターを使っていただけるよう、高松市の指針に基づいて運営しております。団体、個人の皆様のご協力が必要です。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 


新型コロナウイルス感染拡大防止のために〜高松市長より〜

市民の皆様へのメッセージ
令和2年7月11日
「本市におきましては、新型コロナウイルスの感染者が84日ぶりに確認されたところであり、今後、感染の拡大局面に陥らないよう、市民の皆様には、次の点に留意して行動していただきたいと思います。
〇 発熱等の症状がある場合は、都道府県をまたぐ移動はもとより、外出を控えるようにしてください。
〇 感染防止策が徹底されていない施設等への外出を控えてください。
〇 感染拡大を予防する「新しい生活様式」を心掛けてください。
1 感染防止の3つの基本を徹底する。
(1)人に近づき過ぎない(間隔は2mが基本)
(2)マスクの着用
(3)手洗いの励行
2 「3つの密」(密閉、密集、密接)を徹底して避ける。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、お一人お一人が自覚を持って行動していただきますよう、よろしくお願いいたします。」
高松市長 大西 秀人