2017年02月27日

弦打校区が高松市の平成28年度ゆめづくり大賞 優秀賞受賞!!

 2月25日(土)13:30〜、高松市役所13階大会議室にて行われた「地域コミュニティ協働セミナー」のなかで平成28年度ゆめづくり大賞の表彰式があり、弦打校区は「優秀賞」を受賞しました。
 大賞に選ばれたのは、むれコミュニティ協議会。優秀賞は、仏生山地区、弦打校区、十河校区の3つの協議会。「未来へつなぐ特別賞」は檀紙地区の協議会。平成27年度に助成された24事業から選ばれました。
 弦打の場合、昨年度は栄えある大賞を受賞され、今年度も賞を頂きました。たくさんの地域の方が自発的、意欲的に関わり、このような結果になりました。
 この日、事業報告会が4団体行われ、こちらでも弦打は「歩こう!訪ねよう!弦打再発見!孔雀藤子孫育成と今昔巡り藤のまち弦打マップ」の発表をキッズクラブの子どもたちも入って行いました。香川大学経済学部の西成先生より「コミュニティの活性化、活動を継続させていくだけでも大変なので、若い世代を巻き込んでの活動は、弦打モデルとなり得ますね」というご講評をいただきました。
市役所ゆめセミナー16b.jpg
市役所ゆめセミナー18a.jpg
市役所ゆめセミナー24ab.jpg
市役所ゆめセミナー29.jpg
市役所ゆめセミナー36a.jpg
CIMG1659.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: