2017年12月11日

もちつき、フラワーアレンジ講座、小さな音楽会など楽しい行事を開催しました

 12月10日(日)、弦打コミュニティセンターで恒例の冬の行事「もちつき大会」(コミュニティ協議会青少年育成部会、青少年連絡協議会主催)、「クリスマスフラワーアレンジメント」(コミセン講座)、ミニクレーン車によるお菓子釣り(コミュニティ協議会交通安全防犯部会)、「交通安全教室」(弦打駐在所長)、「小さな音楽会」(障がい者の会つるうち)、が行われました。
 もちつきは天候にも恵まれたなかで、大盛況。みかん入りの餅やいちご大福が特に人気で、昔ながらの臼と杵を使ったもちつきは、大人の手も借りながら子どもたちが参加しました。
 交通安全教室では、弦打駐在所長が「『青信号』は『気をつけて進むことができる』というもので、進めということとは違う。」こと、「『点滅信号』は最初から点滅していたら渡らない。」など子どもや保護者に呼びかけました。
 弦打の子どもたちは楽しい時間を過ごし、お腹もいっぱいになって、午後1時頃には行事を終えました。
CIMG2979.JPG
CIMG2983.JPG
CIMG2995.JPG
CIMG2992.JPG
CIMG2999.JPG
CIMG3013.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: