2019年07月05日

交通安全キャンペーンを行いました

 7月5日(金)7:30〜、弦打校区コミュニティ協議会等が道行くドライバー、自転車利用者に啓発用幟等を掲げて交通安全を促す「シートベルト着用・自転車の安全利用啓発街頭大キャンペーン」を行いました。
報道によると九州南部ではここ数日大変な大雨が続いていたようですが、こちらでは曇の間に陽射しもあり登校中の子どもたちが朝から元気いっぱいの挨拶をしてくれました。
 キャンペーンを行った場所はいつもの鶴市町の産業道路木太・鬼無線交差点で、幹線道路のため大型車、乗用車、自転車が頻繁で、ここを弦打小学校の児童が歩いて横断するという場所で、「にこにこボランティア」の方々も毎日立って児童の安全を見守ってくれています。
 当協議会による交通安全啓発活動は県下一斉のキャンペーンに合わせた年に数回の活動ではありますが、ドライバー等に安全な運転を促す一助となっていることと思います。
「黄色信号止まれ」
急ぐ時ほど慎重な運転を心掛けたいものです。
IMG_20190705_073357.jpg
IMG_20190705_073420.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: