2020年06月29日

『サンポート暮色』 横井美代子様より油絵寄贈

 弦打コミュニティセンターに、地域の方から素晴らしい油絵を寄贈していただき、1階の和室入口の西側壁面に展示しております。2016年「瀬戸内国際芸術祭」(通称:瀬戸芸)出品作品で、鶴市町にお住まいの横井美代子様(香川県美術家協会会員)の作品です。
 横井様の絵は、もともと同じ場所に『船体』という絵を展示しておりましたが、今回、壁面の強度に耐えうるピクチャーレールを設置し、こちらの絵を飾っております。
 瀬戸芸は2010年より3年ごとに開催の、岡山・香川の美しい瀬戸内の島々の素朴な生活の中に溶け込んだ芸術のイベントで、国内はもとより外国からも人が訪れるアートの祭典です。『サンポート暮色』は、「瀬戸の都 高松」の玄関口、サンポートとよばれるこの地域のシンボルタワーの向こうに瀬戸内海の夕景、そして手前に水城、玉藻公園の史跡、高松城に松の木。ぜひとも一度、実物をご鑑賞ください。
IMG_3095.JPG

IMG_3107.JPG

IMG_3109.JPG
『サンポート暮色』
あまりの感動に、方向をいろいろ変えて、撮影しました。

IMG_3113.JPG
2階には『瀬戸内の夕映え』が以前よりたくさんの来館者の皆さまに楽しんでいただいておりますが、瀬戸内の日常が表現された、こちらもとても良い絵です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: