2020年07月20日

発熱者がわかるサーマルカメラ導入 その1〜弦打コミュニティセンターに。

 新型コロナウイル感染拡大防止のため、弦打コミュニティセンターに来館される多数の方々により安心していただけるよう、発熱者を検知するサーマルハンディカメラを導入しました。モニターを見続ける必要はなく、設定の体温以上の熱を検知するとアラームが鳴る仕組みのものです。
 インフルエンザの季節にも活用していけるものと思います。
 手指消毒、マスク着用、距離を置くなどご協力を、引き続きお願いしますね。

IMG_3200.JPG
※注)ブログで紹介用の写真です。実際のカメラは通路(通る方)に向けて設置しています。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: