2020年11月17日

瀬戸フィル音楽会が「しっとり」と開催されました

 11月15日(日)、午後2時より、弦打コミュニティセンター大会議室にて、「瀬戸フィル音楽会〜弦楽四重奏〜」コンサートが、瀬戸フィルハーモニー交響楽団により行われました。ぴかぴか(新しい)
 主催は、サンポートホール高松(公財)高松市文化芸術団事業係(高松市)。「デリバリーアーツ」事業により、弦打校区コミュニティ協議会生涯学習部会が手を挙げて、サンポートが選出、そして「素晴らしい音楽鑑賞」の機会が弦打コミュニティセンターに提供されたものです。
 過去にデリバリーアーツでコンサートを実施した際は、弦打校区以外の方も多く立ち見が出るほど熱気溢れる会場でしたが、今年はコロナ禍での会場提供のため、人数を28人に制限のうえ、検温、マスク着用、手指消毒、そして十分な換気をしての開催。人数は少ないながら、ひとり一人が大きな拍手をしたり、リズムに合わせて手拍子をしたりして、たいへん盛り上がりました。
 曲と曲の間で、猪子さんが、わかりやすく楽しい口調で、楽器の説明をしてくれました。小学生も観客として参加していて、元気に受け答えをしていました。わーい(嬉しい顔)
 財団によると、コロナ禍のなか、芸術活動がかなり減っていて、人数制限をしてでも開催できたことは嬉しく、芸術家の生活を守ることにも繋がるとのこと。気持ちを充実させて穏やかな気持ちにさせてくれる「音楽」は、大切なものだと思いました。

〜サンポートホール高松 高松市文化芸術財団作成のチラシより〜
【瀬戸フィルハーモニー交響楽団】
四国初のプロオーケストラとして定期演奏会をはじめ自治体、企業などへのアンサンブルデリバリーや県内外の文化団体との共演など多彩な演奏活動を展開している。特に、小・中学校を訪問しての音楽教室で音楽の楽しさを体感できる企画を盛り込み、音楽人口の拡大に取り組んでいる。
地域の音楽文化の活性化を目的に、NPO法人として2001 年(平成13)11 月に設立。2009 年(平成21)4 月一般社団法人。2010 年(平成22)1 月公益社団法人に移行。2014 年(平成26)10 月香川県文化芸術選奨受賞。2016 年(平成28)6 月(公社)日本オーケストラ連盟に準会員として加盟。
−プログラム−
アイネクライネナハトムジーク
川の流れのように
ニューシネマパラダイス ほか
−出演者−
第1ヴァイオリン/猪子 恵
第2ヴァイオリン/原瀬 万梨子
ヴィオラ /江口 志保
チェロ /野村 侑加
司 会 /大西 ふみ

IMG_3612.JPG
IMG_3615.JPG
IMG_3621.JPG
IMG_3623.JPG
IMG_3627.JPG
IMG_3631.JPG
IMG_3642.JPG
IMG_3643.JPG
IMG_3644.JPG
IMG_3647.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: