2021年01月28日

貸館に当たっての基本的な考え方〜コロナ関連〜

弦打コミュニティセンターでは高松市の指定管理を受けて施設を運営しており、市の基本的な考え方に基づき、皆様に安心して施設を使っていただくようにしております。

◎マスクを着用することをお願いしています。万一、お忘れの場合は事務室にお申し出ください。
◎体温をチェックしています。
IMG_3884.JPG
▲37.5度以上の方が近くを通るとブザーが鳴ります。
IMG_3885.JPG
▲非接触型体温計は弦打コミュニティセンターに現在6個あり、各使用団体に貸し出しをすることもできますので、使用団体責任者は事務室へお申し出ください。
◎発熱や咳等の風邪症状がある方には、利用を控えてください。ただの風邪かもわかりませんが、万一のことがあります。感染を拡げないためにも、いつもと体調が異なる場合は、決して無理をせず、コミュニティセンターのご利用はしないでください。
◎弦打コミュニティセンターのご利用者は、玄関を入って靴を脱いだところに、接触確認アプリ(COCOA)のインストールや、LINEアプリ「かがわコロナお知らせシステム」がスマホで読み取れるように掲示しています。当ホームページにもQRコードを掲載しております。インデックスからお進みください。
◎貸館の場合、代表者は必ず参加者の連絡先を把握してください。陽性者が出たり、濃厚接触者が出た場合、代表者を通じて参加者に連絡をしていただくためです。保健所の指導などがあり、場合によっては、情報をいただくこともあります。
◎こまめな手洗いや手指消毒を行ってもらえるように、玄関口だけでなく、トイレを出たところや、2階のピロティにも消毒ポイントを増やしています。必ず都度の消毒をお願いします。
IMG_3891.JPG
IMG_3890.JPG
◎適切な換気を行っています。
朝9時時点で、全室の窓開け(寒い季節になったので、限定的に、対角線上に開けている)及びトイレ、コピー室、給湯室、事務室の換気扇スイッチを入れています。
また、冷暖房装置の横の換気扇及び熱交換スイッチを冷暖房装置に併用してご使用ください。換気扇を入れても急激な温度変化を起こさないような装置が付いていますので、ぜひご利用ください。
センター内はこれから1年で最も寒い時期を迎えるので、厚着をしてきてください。ダウンジャケットなど、着たままがおススメです。
エレベーターは、通常真夏だけしか換気扇を回さないのですが、コロナ禍になってから24時間換気の設定に変えております。ですが、利用は1度にたくさんの方が乗らないように、またお喋りが過ぎないようにお願いします。
◎アクリル板の設置について
窓口等は、透明のビニールで手元以外を覆っております。部屋のご利用で、授業形式の会議等を行われる場合、今後、演台の上を囲めるようなアクリル板を設置予定ですが現在は設置がありません。(なお、アクリル板が必要という1団体におかれましては、その団体でアクリル板の購入をしていただき、持ち込み持ち帰りをしていただきました。)会議室等にはアクリル板の設置がございませんので、十分な距離を離して、部屋をご利用ください。
◎使用する部屋やイベント・講座等の内容から該当する条件を満たしていないと使用できません。
・カラオケ、合唱、ダンス等運動、楽器演奏については、飛沫が飛びやすいため、最低でも1mの距離を確保する必要があります。確保できない場合、部屋のご使用をお断りしています。
・その他の静かな活動でも、最低限人と人が接触しない程度の間隔を空けられないと予想される場合、部屋のご使用をお断りしています。
・マスクを外しての飲食に飛沫感染の恐れがあると各方面で言われております。コミセン主催の料理講座については現在中止、各種団体等が主催のものも軒並み中止となっています。調理時はマスク着用の上、距離を取って無言で調理すること、また、食べるときも飛沫感染にならない距離と無言での食事をお願いしていますが、この条件が無理な場合は使用できません。
◎コロナ感染者が市中に増えてきました。不安を感じるときは、コミュニティセンターの使用を控えてください。またいつの日か、楽しく活動できる状況になると思います。
◎職員の交替制勤務の実施について
感染拡大防止を目的(事務所内で職員同士が接触する機会を減らすため)に交替制、時差出勤で勤務をすることが可能となっております。弦打コミュニティセンター事務室は特に狭いですので、実施させていただきますのでご了承ください。
◎コミュニティセンター窓口は、透明のカーテンを通した対応、または離れての対応、若しくはその両方をさせていただきます。場合によっては広い別室に行き距離を開けた状態でお話しさせていただきます。どうぞご理解ご協力をお願いいたします。

今後とも弦打コミュニティセンターをよろしくお願いいたします。