2021年04月07日

香川県の新型コロナウイルス警戒レベル「感染拡大防止集中対策期」に

 4月4日、新型コロナウイルス感染症に対する香川県対処方針の警戒レベルが「感染拡大防止集中対策期」(6段階のうち上から2番目)に引き上げられました。
 弦打コミュニティセンターを利用される方は、次の事項を守ってください。
●原則、マスクを着用してください。
●検温し、発熱者、咳等の風邪症状がある方は入館できません。
●接触確認アプリ(COCOA)のご利用をお願いします。※LINEアプリ「かがわコロナお知らせシステム」は現在利用ができません。
●手洗い、手指消毒を行ってください。
●換気を行ってください。
※弦打コミュニティセンターでは、手をかざすだけでアルコール噴射が行われ、同時に検温もできる機械を玄関に設置しております。また、換気は常時行っています。ご協力をお願いいたします。

使用する部屋やイベント、講座について
通常の会議でも、そして特に大声での発声、飛沫が飛びやすい活動(カラオケ、体操、楽器演奏、ダンス、料理(飲食含む)等)は気をつけてください。
⇒十分な人と人との間隔を空けることができること。(1m以上)。確保できない場合は使用できません。

高松市長メッセージ
「〜市内での新規感染者の急拡大を受けて〜令和3年4月5日
香川県では、県内での急激な感染拡大を受けて、昨日から、新型コロナウイルス感染症対処方針の警戒レベルを、上から2番目の「感染拡大防止集中対策期」に引き上げたところです。
最近の県下における新規感染者の増加の中心は、本市であり、直近の1週間とその前の1週間との比較では、8.9倍となるなど、感染拡大のリスクが急激に高まっていると言わざるを得ません。
市民の皆様には、これまで以上に緊張感を持ち、次の点に御留意いただきたいと思います。
○ 不要不急の外出については、県内外を問わず、慎重に検討してください。また、「まん延防止等重点措置」の対象区域との不要不急の往来については、自粛をしてください。
○ 「3つの密」(密閉、密集、密接)に該当する場所に行くことは、徹底して避けてください。
○ 「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いの励行」など、基本的な感染防止対策を、これまで以上に徹底してください。
また、県内の飲食店に対して、県から営業時間の短縮要請が出ています。感染拡大の抑止のために必要な措置だと考えますので、市民の皆様、関係者の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。
私たちは、今、それぞれができる最大限の感染防止対策を実践することが求められています。ご自身やご家族、大切な方、そして、地域社会を感染から守るため、引き続き、感染防止対策の徹底に、御協力をお願いいたします。」