2021年09月28日

防災部会員等が小学校の防災学習に参加

 弦打小学校では、災害時に自他の生命を守るために必要な知識及び技能を習得し、防災意識を高めることを目的とし、令和3年度の防災学習を行っているそうです。
 弦打校区コミュニティ協議会は、防災学習のお手伝いいただけたらという学校側の要請を受け、防災部会の防災士を中心に、6学年、計18クラスの子供たちの防災学習に参加しています。
 低学年では、自分で自分の身を守る方法や大人や高学年の力を借りること、高学年では災害のメカニズムを知ることを含めて身を守り行動する方法等、発達段階に応じた授業を、先生方が熱心に指導されており、そのなかで、防災士の知識を活かして話をすることができたようです。
 テレビ等でもこの時期は災害への備えなど、特集を目にする機会が多いです。災害を恐れるだけでなく、災害に備えた準備を前もってしておきたいものです。