2017年12月01日

おいしいコーヒーの淹れ方教室

 12月1日(金)14:00〜、弦打コミュニティセンター調理室において「おいしいコーヒーの淹れ方教室」が実施されました。初開催のジャンルの講座でしたが、コーヒー店の店主である南憲治先生の丁寧なご指導により参加者は、淹れ方の王道である目からウロコのドリップ法を習得することができました。

♪プロが淹れています。
CIMG2926.JPGCIMG2927.JPG

♪実践をしました。
CIMG2929.JPG

♪習得した方法で淹れたコーヒーを味わいました。
CIMG2930.JPG



2017年11月27日

普通救命講習

 11月26日(日)9:00〜12:00、女性消防団員による「普通救命講習」が実施されました。
3時間にも及んだ受講内容は、以下のとおりで、倒れた人を発見した時に役立つ一次救命処置法でした。

『学習した一次救命処置法』
1.肩をたたきながら声をかける。
2.反応がなかったら、大声で助けを求め、119番通報とAED搬送を依頼。
3.6秒数えて呼吸を確認する。
4.普段どおりの呼吸がなかったら、すぐに胸骨圧迫を行う。
5.胸骨圧迫の後、人工呼吸を行う。
6.AEDが到着したら電源を入れて電極パッドを傷病者に貼り、音声指示に従って操作。
以降、4〜6を繰り返し。

 これら一次救命処置の適切な実施によって救える命が増えたり、また、傷病者の社会復帰率が大きく変わることがわかりました。

CIMG2910.JPGCIMG2913.JPGCIMG2916.JPGCIMG2920.JPGCIMG2921.JPG

2017年11月21日

弦打さわやか音楽会 参加申込受付中!!

今回、初めて実施する「弦打さわやか音楽会」では、参加者を募集していますexclamation
お気軽にご参加ください。また当日のご観覧もお待ちしています。るんるん

対象:弦打校区内の活動団体
日時:平成30年1月28日(日)12:30〜16:30
場所:弦打コミュニティセンター
参加料:無料(旅費などは自己負担)
お問合せとお申込み:弦打コミュニティセンター(土日祝日を除く月〜金曜日9:00〜17:00)

詳しい内容と参加申込書は、広報たかまつとともに月末にお届けするほか、HP「つるうち.ネット」のトップページからもダウンロードできます。




Buzz Five〜金管五重奏団バズ・ファイブ〜演奏会があります

クラシック、ジャズにポップス、あらゆるアレンジも自由自在。息の合ったアンサンブル演奏をお楽しみください。

入場無料!直接会場へお越しください。
*0 歳のお子様から入場できます。
*開場は開演時間の30 分前です。
*公演時間は約1 時間の予定です。


●とき
2017 年12 月9 日(土)
午後2 時開演(午後1 時30 分開場)
●ところ
弦打コミュニティセンター(高松市鶴市町356-3)
TEL:087-882-0285
※JR「鬼無」駅から徒歩20 分
※臨時駐車場:弦打小学校


バズ・ファイブは、国内で数団体しかないプロの金管五重奏団。普段はなかなか聴くことの出来ない本格的な演奏を間近で感じられるコンサートです。映画音楽や歌謡曲など、皆さまが聴き馴染みのある楽曲も金管楽器のハーモニーでデリバリーいたします。楽しいトークとソロの演奏を通して、各楽器の名前や音色、特徴を紹介するコーナーもあります。普段はステージでしか聴くことの出来ないクラシックコンサートですが、このデリバリーアーツでは、近さを武器に本格的な金管五重奏のオリジナル作品も演奏いたします。

− Program −
もろびとこぞりて〜神の御子
レット・イット・ゴー
君といつまでも
星の世界
金管五重奏曲 アーノルド
ほか

− Member −
上田 じん(トランペット)
松山 萌(トランペット)
友田 雅美( ホルン)
加藤 直明(トロンボーン)
石丸 薫恵( テューバ)

■内容についての詳しいお問い合わせ
サンポートホール高松
(公財)高松市文化芸術財団 事業グループ
〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1
TEL087-825-5010(平日9:00〜18:00)

弦打コミュニティセンターにお越しください。お待ちしています!!

2017年11月20日

ふるさと学習探検隊〜香西の街を訪ねて〜

 11月18日(土)9:30〜、「弦打ゆめづくり事業」と「コミセン講座」のコラボ企画として、『香西の街を訪ねて』を実施しました。時折小雨の降る中、中世より栄えた城下町香西の由緒ある神社・仏閣を巡り、また、❝むきむきの町❞と呼ばれた迷路のように入り組んだ町中の路地を散策して香西の歴史を体感しました。
 香西氏(戦国時代、勝賀城を築くとともに、水軍を擁して備讃瀬戸を制圧した大豪族)が迷路のような町づくりを行った理由は、敵を惑わせ城に近づきにくくして護りをかためた為とのことですが、彼の地を実際に歩いてみるといかにも迷いそうな路地が沢山ありました。

IMG_1391.JPG

IMG_1392.JPGIMG_1393.JPG

♪香西天満宮
IMG_1394.JPG

♪宇佐八幡宮・藤尾城跡
IMG_1396.JPGIMG_1399.JPG
IMG_1400.JPG

IMG_1402.JPG

♪西光寺
IMG_1403.JPGIMG_1404.JPG

♪香西港
IMG_1407.JPG

☆レトロな一角を通りました。
IMG_1410.JPG

♪♪高原醤油(商標:フジタカ醤油)様を見学させていただきました!!
IMG_1411.JPGIMG_1412.JPGIMG_1413.JPGIMG_1414.JPGIMG_1416.JPGIMG_1417.JPG

♪万徳寺
IMG_1419.JPGIMG_1420.JPG

♪香西寺
IMG_1422.JPGIMG_1423.JPG

♪平賀神社
IMG_1425.JPG

2017年10月20日

らくらくピアノ講座(コミュニティセンター講座)受講者の皆さまへ

 台風21号が接近しています。

 10月23日(月)10:00から予定している「らくらくピアノ講座」は23日午前7時の時点で大雨など、警報が1つでも発令されているときは、中止とします。
 中止になった場合は日を振り返るかどうかについては、あらためて後日連絡いたします。

(この記事は10月20日時点のものです。)

2017年10月19日

子ども将棋教室 日程変更のお知らせ

子ども将棋教室 参加者の皆さんへ

変更前 11月11日(土)9:30〜11:30

変更後 11月18日(土)9:30〜11:30

11月11日(土)は、弦打小学校で授業参観及びPTAバザールがあるため、翌週の開催とします。
よろしくお願いします。

2017年10月07日

男性料理教室

 10月7日(土)9:30〜12:30、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『男性料理教室』が開催されました。
今回は、「♪これだけは押さえておきたい!簡単卵料理♪」をテーマに、食生活改善推進員さんのご指導のもと、参加者が熱心に調理に取り組みました。

CIMG2651.JPGCIMG2654.JPGCIMG2655.JPG



2017年08月29日

人権講演会「民衆のパワー!奈良の大仏を造る」

弦打女性教室・高齢者教室・コミュニティセンター講座共催
8月29日(火)13時30分〜15時00分、弦打コミュニティセンター2階大会議室において、郷土史家の上原 敏先生による人権講演会「民衆のパワー!奈良の大仏を造る」が開催されました。
奈良の大仏建造という国家の大事業に秘められたエピソード、特に聖武天皇が辿った人生の足跡にスポットを当て「人民は皆法の下の平等」を成し遂げた御仁の、今の時代にも通じる教えに深く感銘を受けました。

CIMG2461.JPGCIMG2464.JPG

2017年08月07日

本日の「らくらくピアノ」講座は中止になりました。(8月28日月曜日に延期)

本日の「らくらくピアノ」講座は、台風第5号警報発令のため中止とさせていただきました。代りとして8月28日(月)10:00〜11:00に実施します。

2017年08月04日

夏休み子ども書道教室

 8月4日(金)弦打コミュニティセンター2階小会議室にて、夏休み子ども書道講座を実施しました。人気の講座につき、午前の部10:00〜12:00、午後の部13:00〜15:00の2部構成で行われましたがいずれの部も参加された子どもたちは完成した作品を満足そうに持ち帰っていました。
講座開始前に、書道が苦手と言っていた子が満面の笑みで帰路についていたのが特に印象的でした。

CIMG2357.JPGCIMG2360.JPGCIMG2361.JPG



2017年08月02日

子ども俳句教室

8月2日(水)10:00〜、弦打コミュニティセンター和室にて「子ども俳句教室」が実施されました。
まず最初に、俳句とは575の17音からなる定型詩であることや、季語とは何かをわかりやすく教えていただき、その後各自で思い思いの句を作句しました。
小学校3、4年生以上になると既に学校の授業で俳句の学習をしているようで、子どもたちは意外なほどに俳句についてよく知っていました。

♪作句したものをホワイトボードに書き込んでいるところです。
CIMG2320.JPG

♪選句をしているところです。よいと思った作品(自分の作品以外)にマグネットを付けています。
CIMG2323.JPG

2017年07月28日

夏休み子ども工作教室「竹ぽっくりを作って遊ぼう!」

7月28日(金)9:30〜、弦打コミュニティセンター2階大会議室にて、夏休み子ども工作教室「竹ぽっくりを作って遊ぼう!」を実施しました。
今回は材料の竹を手動ののこぎりで切ることと、電動丸のこぎりでの切断見学を体験し、その後、きりや電動ドリルで竹に穴をあけ紐を通して竹ぽっくりを完成させました。
日頃使用することの少ないのこぎりやきり、ドリルの使い方を覚えたこともさることながら、竹ぽっくりは完成後の楽しみも大きいことが子どもたちを見ていてよくわかりました。
参加の子どもたちは完成させた竹ぽっくりを履いて何度も何度も歩いていて、中にはそのまま履いて家路についた子もいました。

CIMG2302.JPGCIMG2303.JPGCIMG2304.JPGCIMG2307.JPGCIMG2309.JPG


2017年07月27日

ゆかた着付け講習会

7月25日(火)10:00〜12:00、弦打コミュニティセンター和室において、コミュニティセンター講座『ゆかた着付け講習会』が開催されました。
装道礼法きもの学院の加藤先生のご指導のもと、参加者は熱心に着付けや帯の結び方を学習していました。
夏休み中ということで今回の参加者の中には小学生もいましたが、子どもたちの覚えの早さに先生も大変驚いていました。

CIMG2295.JPGCIMG2297.JPG


2017年06月29日

くらしのセミナー「楽しく学ぼう!悪質商法」

6月28日(水)14:00〜、弦打コミュニティセンター2階大会議室において、香川県消費生活センター黒田晃郎所長によるくらしのセミナー「楽しく学ぼう!悪質商法」が実施されました。
悪質な販売方法の事例や、振り込め詐欺、還付金詐欺等の特殊詐欺の巧妙な手口をクイズを交えてわかりやすく学習をすることができたので、参加者は被害にあわないための対策をしっかり身につけることができました。
また被害に巻き込まれそうになった時の相談窓口も教えていただきました。
尚、今回のセミナーで使用した資料やパンフレットは弦打コミュニティセンターエントランスのチラシラックに配置しておりますのでご興味のある方は是非お持ち帰りください。

CIMG2047.JPG


2017年06月17日

男性料理教室

6月17日(土)9:30〜、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『男性料理教室』が開催されました。 前回に引き続き今回も特別講師に魚料理の専門家、友澤敏雄先生をお迎えして、小魚のさばき方やえびの旨味を引き出す調理方法、出汁のとりかたなどを指導していただきました。
今回のメニューは、魚のきのこあんかけ、えびの生春巻き、きすの天ぷらなどごちそう三昧でした。

CIMG1999.JPGCIMG2000.JPGCIMG2001.JPGCIMG2002.JPGCIMG2003.JPGCIMG2004.JPG


2017年05月16日

笑いヨガ

5月16日(火)13:30〜、弦打コミュニティセンター2階大会議室にて、弦打女性教室・コミュニティセンター講座共催の『笑いヨガ』第1回目が実施されました。
笑いヨガとは、笑いの体操とヨガの呼吸法をあわせた誰でもできる笑いの健康法です。私たちは、普段何かおもしろいことを見たり聞いたりした時には笑いますが、笑いヨガはそういったユーモアや冗談、コメディを使わずに理由なく笑うものです。最初は体操として作り笑いのような笑い方から始めましたが、皆で笑っているとだんだんとおかしくなって無理なく笑えるようになりました。
たくさん笑うことは言うまでもなく、免疫力の向上に繋がります。
第2回目は、12月13日(水)の同時刻に実施の予定ですので次回もどしどしご参加ください。
CIMG1883.JPGCIMG1886.JPG

2017年05月01日

平成29年度らくらくピアノ講座が始まりました。

5月1日(月)10:00〜、弦打コミュニティセンター大会議室にて、らくらくピアノ講座を実施しました。
らくらくピアノとは、おもに中高年初心者のために開発された、演奏手法を簡単かつ早く身に着けることを目的とした画期的な習得術です。 5月〜2月(8月は休講)の第1月曜日に実施されますので第1回目に参加されなかった方もどしどしご参加ください。決してお堅い内容ではなく、どちらかといえばサロンのようなリラックスした雰囲気で楽しんでいただくことができます!
今日は「喜びの歌」を受講者皆様で唄ったり、らくらくピアノの「指さばき」を楽しく学習しました。

CIMG1861.JPGCIMG1862.JPGCIMG1865.JPG

2017年03月06日

ふるさと学習探検隊〜相作馬塚古墳といちご屋スカイファームを訪ねて〜

3月4日(土)9:30〜、「ゆめづくり推進事業」と「コミセン講座」のコラボ企画として、『相作馬塚古墳(あいさこうまづかこふん)といちご屋スカイファームを訪ねて』を実施しました。
昨年6月〜8月にかけて発見され、5世紀後半(1,500年前)のものと判明した(弦打にとっては歴史を覆す大発見でした!)相作馬塚古墳等で歴史散策を行った後、高松市飯田町にある、いちごの「空中栽培」で有名ないちご屋スカイファームを訪ねておいしいいちごスイーツを堪能しました。
CIMG1686.JPG

♪相作神社(あいさこじんじゃ)
CIMG1694.JPG

♪相作馬塚古墳(あいさこうまづかこふん)※古墳は既に無くなっているものの、未盗掘の石室には、1,500年以上前を示すよろいの短甲、槍、管玉、鉄製の刀、かすがい等が残っていたそうです。
CIMG1699.JPG

♪高月池(こうづいけ)
CIMG1705.JPGCIMG1706.JPG

♪ムラの境
IMG_1195.JPG

♪スカイファーム
IMG_1198.JPG

♪大暮神社(おぐれじんじゃ。別名:王墓古墳(おうはかこふん))
CIMG1716.JPGCIMG1728.JPG

☆おまけ☆
IMG_1204.JPG
♪道中、つくしを発見しました!春はもうすぐそこまできています♪





2017年02月28日

平成28年度親子チャレンジ教室 後期最終日

2月28日、平成28年度(後期)親子チャレンジ教室が最終日を迎え、受講者親子は今日も元気に工作や器械体操などをして楽しいひとときを過ごしていました。
2、3歳児のお子さまとその保護者さまが対象の同講座は、平成29年度も5月から実施する予定ですので皆さまふるってご参加ください!!

CIMG1676.JPGCIMG1674.JPGCIMG1675.JPGCIMG1677.JPG

2017年01月26日

折り紙工作教室(第2回)

1月25日(水)10:00〜、弦打コミュニティセンター小会議室にて、折り紙工作教室第2回目が実施されました。2回に亘ってじっくりと丁寧に作品作りに取り組んだおかげで、参加者全員の折り紙傘がみごとに可動するものに仕上がっていました。

CIMG1627.JPGCIMG1630.JPGCIMG1629.JPGCIMG1631.JPG

2017年01月23日

男性料理教室

1月21日(土)9:30〜、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『男性料理教室』が開催されました。
今回は、特別講師に魚料理の専門家、友澤敏雄先生をお迎えして、魚のさばき方や包丁の選び方、各々の食材の旨味を引き出す調理法などを指導していただきました。
メニューは、鰤のしゃぶしゃぶ、鰤のステーキ、鰤大根といった豪勢な鰤づくしで、味のクオリティもかなり高かったことから参加の皆様から歓喜の声が多数あがっていました。

CIMG1621.JPGCIMG1622.JPGCIMG1625.JPGCIMG1623.JPG


2017年01月17日

折り紙工作教室(第1回)

1月17日(火)10:00〜、弦打コミュニティセンター小会議室にて、折り紙工作教室が実施されました。
昨年10月29日・30日開催の、ふれあい交流事業文化祭で出展されていたものと同じ可動式傘の作製に挑戦しましたが、上手く開閉できる傘に仕上げるには時間がかかるとのことで参加者はじっくりと丁寧に作業に取り組んでいました。第2回目は1月25日(水)今回と同時刻同所での実施になります。

♪まず最初に、講師の松本さんより作り方の説明がありました。
CIMG1616.JPG

CIMG1617.JPGCIMG1619.JPG

2017年01月16日

親子料理教室

1月14日(土)10:30〜、弦打コミュニティセンター調理室・和室において、コミュニティセンター講座『親子料理教室』が開催されました。
森永乳業様による出張料理教室(食生活改善推進員によるサポートあり)ということで、乳製品を主材料にしたおやつメニューに挑戦しましたが、調理過程で火をいっさい使用しないものだったので、小さなお子さまも安心してカナッベやチーズクリームパフェを完成させていました。
CIMG1612.JPG

2016年12月27日

お正月フラワーアレンジメント教室

12月27日(火)9:30〜、弦打コミュニティセンター2階小会議室にて、お正月フラワーアレンジメント教室が実施されました。松や菊などの正月花材に水引をあしらった華やかな新春アレンジメントを仕上げるというものでしたが、作品が完成度の高いものばかりだったので、受講された方は今度はそれを飾るにふさわしい部屋づくり(清掃、片付け等)へと思いを巡らせていました。

CIMG1603.JPG
CIMG1604.JPG

2016年12月13日

干支のちぎり絵講座

12月13日(火)9:30〜、弦打コミュニティセンター2階小会議室にて来年の干支、『酉』のちぎり絵づくり講座が実施されました。色紙の上に次々と仕上がっていくゴージャスな和紙製のニワトリは今にも鳴き出しそうなくらいの躍動感にあふれていました。
尚、今回は高松市広聴広報課の方が当講座の取材に来てくださいました。

CIMG1518.JPGCIMG1522.JPGCIMG1521.JPG

2016年12月11日

ふるさと学習探検隊〜浄願寺山(弦打山)登山〜

平成28年12月10日(土)9:30〜、「ゆめづくり推進事業」と「コミセン講座」のコラボ企画として、浄願寺山(別名:弦打山)登山を実施しました。
今回は、ゆめづくりのFコースを逆から辿りました。

弦打の歴史が動いた!大発見!!相作馬塚(あいさこうまづか)古墳について
♪ 途中、香東川西側土手から相作馬塚古墳が見える場所を遠目に確認しました。(トラックの荷台と荷台の間が古墳発見場所です。)この古墳、中世の墓とみられていたのですが、5世紀後半の未盗掘の石室のある古墳であるということがわかり、大発見であるとテレビ新聞等で12月7日頃に報道されたのをご存じでしょうか。
 報道を聞いた人からコミュニティセンターにも問い合わせがあり高松市文化財課の学芸員に確認したところ、「場所は西濃運輸の南東側で高月池(こうづいけ)の北側80m辺りで、宅地開発に伴って平成28年の6月から8月にかけて発掘した。古墳は既に無くなっているものの、未盗掘の石室には、1,500年以上前を示すよろいの短甲、槍、管玉、鉄製の刀、かすがい等が残っていた。」ということです。
 弦打校区コミュニティ協議会生涯学習スポーツ部会長でガイドの川崎さんによると「今までの資料からこの辺りは中世の頃には開けていたという認識であったのが、5世紀というと古墳時代。随分古い時代に、もう開けていたという事実が出てきたことになる。」という熱のこもった説明を聞き、私たちも山の頂上から見える現在の景色に、頭の中で5世紀の風景を重ね合わせました。
image1.jpeg
(同遺跡の山上からの眺め。池の端にある宅地造成地が当該箇所になります。)
image2.jpeg

♪香東川を東へ横断
image.jpeg

IMG_6459.JPG
IMG_6458.JPG
IMG_6460.JPG
IMG_6463.JPG

♪♪山上からの眺めです。つかの間の非日常を満喫しました♪♪
IMG_6451.JPG
♪♪♪山上での記念撮影♪♪♪
IMG_6449.JPG


☆★途中傾斜の激しいところの登り下りもありましたが、全員無事に下山しました。
そして今回も終了後、クイズに答えた人に缶バッジが渡されました。

2016年11月29日

くらしのセミナー「省エネ・節電!上手な電気の使い方」

11月28日(火)13:30〜、弦打コミュニティセンター2階大会議室において、パナソニック潟Gコソリューションズ社参事の高橋浩二さんによるくらしのセミナー「省エネ・節電!上手な電気の使い方」が実施されました。
電気代の高くなる季節を目前にして驚くような節電術を伝授していただき、省エネに対する知識を深めることができました。
CIMG1417.JPG
CIMG1420.JPG

2016年11月28日

子ども将棋教室

11月26日(土)、5月より毎月2回実施していた子ども将棋教室が最終日を迎えました。
CIMG1410.JPG

半年前には将棋初心者だった子も対局を楽しめるようになりました。


2016年11月16日

人権講演会「まさかの時、あなたならどうしますか?〜杉原千畝の場合〜」

弦打女性教室・高齢者教室・コミュニティセンター講座共催
平成28年11月16日(水)10時00分〜11時30分、コミュニティセンター2階大会議室において、郷土史家上原 敏先生による人権講演会「まさかの時、あなたならどうしますか?〜杉原千畝の場合〜」を実施しました。

♪弦打老人クラブ会長による講師紹介
CIMG1388.JPG

♪講演会の様子
CIMG1389.JPG

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた外交官杉原千畝は、ナチス・ドイツの迫害によってポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情し、本国外務省からの訓令に反して大量のビザを発給し、約6,000人(ビザは1家族1枚でよかった為、実際には約8,000人)にものぼる避難民を救ったことで知られています。
御仁は、まさかの人生の岐路に何度も立たされていますが、中でも「最大のまさか」がこの避難民から救いを求められた時であったようで、この時の外務省の命令に背いた杉原千畝の行為は、外交官としての服務違反であるかもしれませんが、人間としての正義を貫き、多くの人びとの命を救ったその勇気と行動は高く評価されて然るべきだと思いました。
尚、杉原千畝は晩年イスラエル政府から勲章を受けるまでは全く無名の人物であったとのことで、今の我々の日常はまだまだ知られていない無名の先人達のおかげで成り立っているのかもしれないと深く考えさせられる講演でもありました。