2020年08月12日

細菌性食中毒警報第2号発令

本日、猛暑日です。熱中症にならないように、ご注意くださいね。
高松市保健所生活衛生課より細菌性食中毒警報第2号が発令されましたので、お知らせします。

8月12日(水)から8月18日(火)までの7日間。
「気温30℃以上が相当時間継続すると予想される場合」に該当のため発令されました。
食中毒菌の多くは、温度25℃〜40℃、湿度75%以上の環境で急速に増殖します。
警報発令期間中は、気温・湿度がともに高くなることが予想されますので、食品の取扱いに十分注意しましょう。
食中毒予防3原則
「つけない」 手指、器具の洗浄消毒。
「ふやさない」 迅速な処理、温度管理。食品は調理後、早めに食べきる。
「やっつける」 火を通すものはしっかり加熱。

2020年08月11日

夏休み宿題応援講座(ポスター教室、工作教室)

 8月7日(金)9:30〜、夏休みポスター教室が実施されました。昨年の同講座受講者の中から、2名も入賞者が出ていたことが判明し、また、その2名が今回も引き続き参加していたことで、どことなく場の雰囲気が盛り上がっていたように感じました。
IMG_3248.JPG

IMG_3249.JPG

 続いて、8月11日(火)9:30より実施された、工作教室です。今回は、使用済ハガキや牛乳パックを使用して飛行機を作製しました。
子どもたちは、ものすごい集中力で作業に取り組み、完成したあとは実際にその飛行機を飛ばして楽しんでいましたが、どの機体も紙飛行機らしからぬ飛距離を稼いでいたので大変驚きました。
 夏休み工作教室は、毎年宿題対策として実施していますが、主に身近にある使用済み材料を使用して作品を作っているので、リサイクル学習の役割も果たしてくれています。
IMG_3261.JPG

IMG_3259.JPG

令和2年度子ども将棋教室が開講しました。

 8月8日(土)9:30、今年度の子ども将棋教室が開講しました。
 同講座は、新型コロナウイルス感染症対策で開講を見送っていたため、例年より3ヶ月遅れの開始となりました。

♪子どもたちは真剣な表情で、地域の高齢者から将棋を学んでいます。
IMG_3255.JPG

IMG_3251.JPG

2020年08月06日

夏休み宿題応援講座(絵手紙教室、書道教室)

 8月1日(土)10:00〜、夏休み宿題応援講座の先陣をきって、親子絵手紙教室が実施されました。
IMG_3228.jpg

♪年長〜小学校6年生と、保護者の見事な作品です。
IMG_3236.JPGIMG_3237.JPGIMG_3238.JPGIMG_3239.JPGIMG_3240.JPGIMG_3241.JPG
 
 続いて、8月5日(水)、8月6日(木)(いずれも10:00〜)に実施された、子ども書道教室です。こちらも傑作が多数生まれていました。
IMG_3243.JPG

IMG_3245.JPG

IMG_3247.JPG

2020年07月31日

細菌性食中毒警報第1号発令

昨日7月30日に梅雨開けし、本日は暑いですね。
高松市保健所生活衛生課より細菌性食中毒警報第1号が発令されましたので、お知らせします。

7月30日(木)から8月5日(水)までの7日間。
日平均気温が27℃以上で、かつ、日平均相対湿度が75%以上の日が連続して2日間続いた場合、又はそれが予想される場合として発令されました。
食中毒菌の多くは、温度25℃〜40℃、湿度75%以上の環境で急速に増殖します。
警報発令期間中は、気温・湿度がともに高くなることが予想されますので、食品の取扱いに十分注意しましょう。
食中毒予防3原則
「つけない」 手指、器具の洗浄消毒。
「ふやさない」 迅速な処理、温度管理。食品は調理後、早めに食べきる。
「やっつける」 火を通すものはしっかり加熱。

2020年07月30日

サーマルハンディカメラについて その2 〜弦打コミュニティセンターで計測中〜

 新型コロナウイル感染拡大防止のため、弦打コミュニティセンターに来館される多数の方々により安心していただけるよう、熱を感知するサーマルハンディカメラを導入してから10日経ちました。事務室から、窓口に来られた地域の方々が、足型のところに立ち止まると体温が何度か計測できます。(写真参照)、又立ち止まらなくても熱を追いかけて検知、警報音が鳴るので、事務仕事をしながら様子を見ることができています。
 引き続き感染予防のため、手指消毒、マスク着用、距離を置くなどご協力も、よろしくお願いします。
IMG_3219.JPG
IMG_3217.JPG
IMG_3220.JPG
IMG_3223.JPG

2020年07月21日

夜間巡視パトロールに行ってきました

 7月20日(月)19:30〜、青色パトロールカー(通称:青パト)で弦打コミュニティセンターを出発、校区内の巡視活動に、コミュニティセンター職員として参加してきました。この日は弦打小学校長、勝賀中学校長など学校関係者も参加、弦打駐在所長はバイクで同行してくださいました。
 弦打校区コミュニティ協議会青少年育成部会及び青少年健全育成連絡協議会の呼びかけで、毎月20日前後、19時〜(6、7、8月は19時30分)、10分程の打合せのあと、複数の青パトに乗車、校区内の公園、神社、商業施設等の青少年が集まりそうな場所を中心に、一時停車し徒歩にて見回る一時間程の活動で、子どもたちの健やかな成長の一助になっています。
 巡視する側にも危険が及ばないよう、安全運転、反射材、マスク着用、懐中電灯持参で、複数で慎重に行動。幸い不審者等は見られませんでしたが、ミラーガラス片等を回収しました。
 青パトは毎週木曜日、子どもたちの帰りの通学時間に合わせ、ボランティアの役員さんが、昼間にも走ってくれています。そして夜も青パトが巡回することで、安心につながっていることでしょう。
IMG_3205.JPG
IMG_3208.JPG
IMG_3215.JPG
 

2020年07月20日

発熱者がわかるサーマルカメラ導入 その1〜弦打コミュニティセンターに。

 新型コロナウイル感染拡大防止のため、弦打コミュニティセンターに来館される多数の方々により安心していただけるよう、発熱者を検知するサーマルハンディカメラを導入しました。モニターを見続ける必要はなく、設定の体温以上の熱を検知するとアラームが鳴る仕組みのものです。
 インフルエンザの季節にも活用していけるものと思います。
 手指消毒、マスク着用、距離を置くなどご協力を、引き続きお願いしますね。

IMG_3200.JPG
※注)ブログで紹介用の写真です。実際のカメラは通路(通る方)に向けて設置しています。
 

市民の皆様へのメッセージ 〜新型コロナウイルスの感染者が増加していることを受けて〜

令和2年7月17日
本市におきましては、4月18日以降、新型コロナウイルスの感染者は確認されておりませんでしたが、今月10日に新たな感染者が確認されて以降、これまでに11人の感染者が確認されております。
更なる感染拡大を防止するため、市民の皆様には、今一度、感染防止対策の徹底をお願いします。
〇 県外への不要不急の移動は、慎重に検討してください。
〇 発熱等の症状がある場合は、都道府県をまたぐ移動はもとより、外出を控えるようにしてください。
〇 感染防止策が徹底されていない施設等への外出を控えてください。
〇 感染拡大を予防する「新しい生活様式」を心掛けてください。
  1 感染防止の3つの基本を徹底する。
    (1)人に近づき過ぎない(間隔は2mが基本)
    (2)マスクの着用
    (3)手洗いの励行
  2 「3つの密」(密閉、密集、密接)を徹底して避ける。
感染者数が急増しています。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、お一人お一人が自覚を持って、慎重に行動していただきますよう、よろしくお願いいたします。
高松市長 大西 秀人

2020年07月17日

新型コロナウイルス接触確認アプリについて

 厚生労働省「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)の説明及びインストール方法は、「つるうち.ネット」トップページからもご覧になれます。
 感染拡大局面に陥らないよう、一人ひとりが留意して外出時には行動するよう心がけていきましょう。(発熱症状があるときは、外出を控えてください。)
 弦打コミュニティセンターにおいても、さらなる換気(多くの部屋で窓を開け放っており、換気扇を回しております。)、手指消毒の徹底(玄関付近、トイレにも設置しております。ご利用ください。)マスク着用を利用者に呼びかけているほか、「密」にならない部屋の利用を呼び掛けておりますが、今後とも人と話をするときは2メートルの距離をとることなど、忘れずに注意して実践していきましょう。
 又、コミュニティセンターの印刷室の利用については、狭いですので2人が同時に入らないという注意が必要です。
 体温を測りたい場合は、非接触型の体温計及び通常の体温計がありますので、事務室までお声掛けください。
 貸館について安心・安全に弦打コミュニティセンターを使っていただけるよう、高松市の指針に基づいて運営しております。団体、個人の皆様のご協力が必要です。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 


新型コロナウイルス感染拡大防止のために〜高松市長より〜

市民の皆様へのメッセージ
令和2年7月11日
「本市におきましては、新型コロナウイルスの感染者が84日ぶりに確認されたところであり、今後、感染の拡大局面に陥らないよう、市民の皆様には、次の点に留意して行動していただきたいと思います。
〇 発熱等の症状がある場合は、都道府県をまたぐ移動はもとより、外出を控えるようにしてください。
〇 感染防止策が徹底されていない施設等への外出を控えてください。
〇 感染拡大を予防する「新しい生活様式」を心掛けてください。
1 感染防止の3つの基本を徹底する。
(1)人に近づき過ぎない(間隔は2mが基本)
(2)マスクの着用
(3)手洗いの励行
2 「3つの密」(密閉、密集、密接)を徹底して避ける。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、お一人お一人が自覚を持って行動していただきますよう、よろしくお願いいたします。」
高松市長 大西 秀人  

2020年07月15日

お花をご覧ください

フラワーアレンジ同好会講師の赤尾先生が、コミュニティセンターの階段横に、夏のアレンジメントフラワーを飾ってくださいました。
IMG_3190.JPG

☆如何にも夏らしい、明るく涼しげなアレンジです。赤尾先生、いつもありがとうございます。

2020年07月09日

県道檀紙鶴市線にて夜間工事のお知らせ〜弦打コミュニティセンター付近〜

 舗装の施行をする業者さんより、弦打コミュニティセンターに以下の内容のお知らせがありました。

夜間工事
 「弦打コミュニティセンター付近の、県道檀紙鶴市線(産業道路)で7月13日(月)〜18日(土)の予定(雨天順延)で夜間21:00〜5:00に、道路維持修繕工事を実施します。
 舗装工事内時は、歩道部の通行止め、車線部の減少となるため、工事区間近隣にお住まいの皆さまはご協力をお願いします。
 工事区間の住民の方の出入りはできるように施工いたします。交通誘導員にお声掛けください。誘導いたします。」
IMG_3188.JPG

以上、よろしくお願いいたします。


2020年07月03日

弦打コミュニティセンターは貸館施設です

 弦打コミュニティセンターの施設の様子がわかる写真を載せておりますので、参考になさってください。
 まちづくり活動、生涯学習の拠点施設として、貸館をしております。弦打校区コミュニティ協議会は、高松市の指定管理を受けた施設として公的な建物ですので、営利目的としてはお貸しできませんし、その他、制約もありますが、気持ちよく地域の皆さまに使っていただけると幸いです。
 コロナウイルス感染症もあり、しばらくの間、密集、密閉になる団体の皆さまには貸出は難しい部分もあります。お互いの距離(2メートル程度)を保てる団体の皆さまに、手指消毒実施、換気へのご協力をしていただきながら使っていただけます。
IMG_3157.JPG
IMG_3158.JPG
先月、襖、障子の貼替をいたしました。低机、座布団、座椅子もあります。

IMG_3160.JPG
障害者用、体力的に階段がきつい方、重い荷物を運ぶときなど、エレベーターをお使いください。2階建てでもエレベータがあると重宝しています。

IMG_3168.JPG
大会議室は、高机やパイプ椅子が押入れにあります。ピアノ(地域の方からの寄贈)、ホワイトボード、音響設備、演台、スクリーン等を設置しています。

IMG_3172.JPG
小会議室。以前は、パイプ椅子を30脚、置いておりましたが、現在、最大で20脚としております。

IMG_3176.JPG
車椅子は、地域の方からの寄付1台。コミュニティセンターで購入した1台がコミュニティセンター内でお使いいただけます。その他、社会福祉協議会所有の2台は、地域の方に貸出可能です。

IMG_3177.JPG
AEDが設置されております。

IMG_3181.JPG
約80度の高温で、洗った食器を除菌しながら乾燥させる食器消毒保管庫
IMG_3182.JPG
IMG_3185.JPG
IMG_3186.JPG
調理室。(現在、料理をする地域の団体の方は、使用を見合わせておられます)
丸椅子もありますので、調理したものをこの部屋で召し上がっていただくこともできます。冷暖房装置、及び換気装置もあります。

『つるうち.ネット』の「コミュニティセンター」のページで、料金表等を掲載しております。ご確認ください。ひらめき


『サンポート暮色』に、うっとり

 本日活動の同好会の皆さんが、壁の絵をご覧になって「夕日がいいね」「島がいいね」「シンボルタワーだね」と立ち止まっておられたので、写真を撮りました。
 皆さまもぜひ弦打コミュニティに来られた際は、ご鑑賞くださいね。
IMG_3165.JPG

2020年06月29日

『サンポート暮色』 横井美代子様より油絵寄贈

 弦打コミュニティセンターに、地域の方から素晴らしい油絵を寄贈していただき、1階の和室入口の西側壁面に展示しております。2016年「瀬戸内国際芸術祭」(通称:瀬戸芸)出品作品で、鶴市町にお住まいの横井美代子様(香川県美術家協会会員)の作品です。
 横井様の絵は、もともと同じ場所に『船体』という絵を展示しておりましたが、今回、壁面の強度に耐えうるピクチャーレールを設置し、こちらの絵を飾っております。
 瀬戸芸は2010年より3年ごとに開催の、岡山・香川の美しい瀬戸内の島々の素朴な生活の中に溶け込んだ芸術のイベントで、国内はもとより外国からも人が訪れるアートの祭典です。『サンポート暮色』は、「瀬戸の都 高松」の玄関口、サンポートとよばれるこの地域のシンボルタワーの向こうに瀬戸内海の夕景、そして手前に水城、玉藻公園の史跡、高松城に松の木。ぜひとも一度、実物をご鑑賞ください。
IMG_3095.JPG

IMG_3107.JPG

IMG_3109.JPG
『サンポート暮色』
あまりの感動に、方向をいろいろ変えて、撮影しました。

IMG_3113.JPG
2階には『瀬戸内の夕映え』が以前よりたくさんの来館者の皆さまに楽しんでいただいておりますが、瀬戸内の日常が表現された、こちらもとても良い絵です。

2020年06月26日

香川県公民館連絡協議会感謝状が贈られました。

 香川県公民館連絡協議会より、リルシスター(幼児のダンス)及びシスター(小学生のダンス)同好会指導者の多田よしか先生に感謝状が贈呈されました。
 この感謝状は、長年、公民館・コミュニティセンターにおいて講師として貢献された方々に贈られるもので、本来であれば、香川県立ミュージアムで行われる贈呈式で表彰されるところ、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から式典が中止になったため、感謝状はお預かりしていた弦打コミュニティセンターより、お渡しすることとなりました。

 
 弦打コミュニティセンターでは、これまでキッズダンスの指導者として、子どもの基礎体力やリズム感、コミュニケーション力等の向上に尽力されてきた多田先生に敬意を表して、ささやかな表彰式を行いました。

【6月25日(木)弦打コミュニティセンター2階大会議室にて。プレゼンターは、長年、シスター同好会の代表を務めた漆原氏にお願いしました。】
IMG_3084.JPG

IMG_3085.JPG

IMG_3087.JPG


posted by K at 00:00| Comment(0) | その他

2020年06月25日

弦打コミュニティセンターで冷房を使用される団体へ

日頃は、弦打コミュニティセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。
猛暑日など、冷房を入れる場合は、窓を閉めて冷房をしていただきますが、その際に次の要領で換気をお願いします。

冷房可能期間:6月15日〜9月30日
冷房設定温度 : 概ね28度
【コロナウィルス対策として、換気をしてください】
@30分に1回(又は1時間に2回)以上、数分間、窓を全開にしてください。
A2方向以上の窓(又はドア)を開放してください。
B換気扇(スイッチをオン)を併用してください。
Cお帰りの際は、冷房のスイッチをオフにして、窓及びドアを開け放ってください。

弦打コミュニティセンターでは、雨天時以外、毎朝、開館と同時に全ての窓やドアを開け放っております。ですから、冷房を入れなくても、わりと館内は涼しいですので、必要がないこともあります。節電にご協力ください。

令和2年度第1回 同好会代表者連絡会がありました

 6月23日(火)10:00〜、弦打コミュニティセンター大会議室にて、各同好会代表者による連絡会がありました。
 新型コロナウィルスの影響で、長らく会が開けていませんでしたが、感染拡大防止に努めながら、令和2年度は松本利江会長(讃修流締太鼓同好会)、藤原キヌ子副会長(子どもフラダンス)を中心に、コミュニティセンター職員がサポートしながら進めて参ります。
 出席率もよく、同好会どおしが顔を合わせ、意見交換や要望が言える貴重な場であり、コミュニティセンターのスムーズな運営ができる代表者連絡会。参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
 終了後は、火災発生を想定した避難訓練には、新しく代表になられた方を中心に、新規採用のコミュニティセンタースタッフ、出張所職員を含み、人数を縮小して実施しました。

IMG_3083.JPG
写真:高松西消防署でお借りした水消火器を使っての訓練の様子

弦打校区コミュニティ協議会総会が開催されました

 6月22日(月)19:00〜、弦打コミュニティセンター大会議室において、弦打校区コミュニティ協議会総会がありました。今年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、総会構成人員を54人とし、十分な換気とソーシャルディスタンス等の対策のうえ、委任状を含め46人出席での開催となりました。
 総会では、令和元年度事業報告・収支決算報告・監査報告、令和2年度事業計画案・収支予算案及び役員改選が審議され、了承されました。

 令和元年度は、香川県自主防災活動活性化促進事業として、弦打校区コミュニティ継続計画を改訂し、「弦打マップ防災&福祉」の香東川・本津川洪水浸水想定区域差し替え版を作成・配布、また、香川県防犯活動自主企画提案事業として、弦打小学校等との共同により、弦打校区の危険個所や見守り活動、SOS活動等様々な情報、マップを記載した冊子を作成し、配布・活用するなど、複数の補助事業に取り組みました。
 「まちづくり」の様々な行事の実施を部会や実行委員会、各種団体の地域の方々が力を合わせて盛大に実施、地域の子どもたちから高齢者の生活の充実に貢献したのでは、と考えます。

 令和2年度事業目標『心のこもった 人にやさしいまち「つるうち」を目指して』
 弦打校区コミュニティ協議会主催の事業等については、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を踏まえた上で、以下の事業等を実施していきます。
○コミュニティ協議会総会
○コミュニティ協議会役員会
○コミュニティセンター管理運営委員会
○コミュニティセンター職員選考委員会
○つるピーサポーターバンク
○弦打さわやか音楽会等生涯学習事業
○校区自主防災訓練事業
○交通安全防犯事業
○保健福祉事業
○敬老会事業
○弦打ゆめづくり事業
○地域ふれあい交流事業
○地域広報紙配布推進事業

【部会活動】 
・青少年育成部会
・交通安全防犯部会
・保健福祉部会
・環境美化部会
・防災部会
・生涯学習部会
・スポーツ部会
・広報部会

 弦打校区コミュニティ協議会役員会は月1回の開催、各部会でも月1回以上活動している部会がほとんどで、大変活発な運営ができていると自負しています。コロナウイルスで新しい生活スタイルが求められるなか、令和2年度においても、事業目標「人にやさしいまち」実現を目指して、できることを、心を込めて実施する努力していきます。地域の皆さまにおかれましては、今後ともご協力いただければ幸いです。
IMG_3081.JPG

紫陽花(あじさい)の季節

 弦打コミュニティセンターのスタッフの一人が、自宅に咲いた紫陽花をコミュニティセンターに持ってきてくれました。玄関を入ったところに飾った色とりどりの紫陽花。来館者の皆さまの「造花ですか?」という質問があるほど、完成した美しさの紫陽花です。
 国営讃岐まんのう公園でも、今朝、紫陽花が見頃になっているとテレビで見ました。コロナウィルス対策をしながらですが、お花を見ることがようやくできるようになりましたね。梅雨のささやかな楽しみです。
IMG_3076.JPG

2020年06月11日

ふるさと学習探検隊〜本村(ほんむら)地区を訪ねて〜

 6月6日(土)9:30〜、ふるさと学習探検隊「本村(ほんむら)地区訪ねて」を実施しました。江戸時代の鶴市村、明治23年の合併後の弦打村、何れの時代も村の中心であった本村地区をめぐりました。

IMG_1948.JPG

IMG_1949.JPG

IMG_1952.JPG

IMG_1955.JPG
築城城(つづきじょう)跡。1585年、豊臣秀吉の四国征伐がなされるまで、香西(こうざい)氏の家臣であった築城氏の居城でした。現在、城王(じょうお)神社。

IMG_1958.JPG

IMG_1964.JPG

IMG_1968.JPG

IMG_1983.JPG

♪本日の記念撮影
DSC03401.JPG

今回は、少人数且つ参加者間の距離を保ちながらの実施となりました。


 

2020年05月28日

弦打コミュニティセンターにおける行事の実施有無について

弦打コミュニティセンターで実施の行事について(令和2年5月28日現在)

・毎週水曜日午前中の「つるピー広場(社会福祉協議会)」の6月の実施は、幼児が大勢参加し、おもちゃを口に入れる等、飛沫を避けられないことから、主催者判断により中止。7月以降は未定。

・弦打小学校児童を対象にした「放課後子ども教室(木曜・土曜つるピー教室)(放課後子ども教室運営委員会)」は、令和2年度の申し込み受け付けもしておりません。小学校の授業は再開しておりますが、弦打コミュニティセンターにおいては「3密」が避けられないことから、当面中止。再開できる見通しとなれば、周知、募集しますが、現在のところ未定。

・弦打コミュニティセンター講座においては、「子ども将棋教室」「男性料理教室」など感染の危険性の高い一部を除いて、6月より感染防止に努めながら、できるだけ実施します。

・弦打地区保健委員会食生活改善推進員の指導による「身体にやさしい料理教室」など、料理関係は8月いっぱい休止。9月以降は未定。(できうる状態であれば、秋から実施)

・弦打地区保健委員会や弦打担当保健師による1カ月に1度金曜日午前中に実施の「健康チャレンジ」は8月いっぱい休止。9月以降は未定。(できうる状態であれば、秋から実施)

・弦打コミュニティセンターにおける同好会活動については、感染防止の対策がとれるものは活動を再開しています。

いろいろとご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

コロナウィルス感染拡大防止〜ご家庭及び弦打コミュニティセンターの換気について〜

高松市長からのメッセージ
『国は、昨日、新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言をすべて解除しました。緊急事態宣言が発令されてから約1か月半で、新型コロナウイルス感染症の流行をほぼ収束させることができたのは、市民の皆様の御協力によるものだと考えており、心から感謝申しあげます。
緊急事態宣言は全面的に解除されることとなりましたが、これからも私たちは気を緩めることなく、粘り強く感染防止対策を講じながら、一定の移行期間を設けて、外出の自粛などを段階的に緩和しながら、社会経済活動の再開と回復を目指す、「新たな日常」を作り上げていくこととなります。
そこで、市民の皆様には、国から示された「新しい生活様式」も参考にしながら、次の点に留意するよう、御協力をお願いします。
〇 県外への移動については、国や県が示す基準に従い、適切に行ってください。
〇 感染拡大を予防する、「新しい生活様式」を心掛けてください。
  1 感染防止の3つの基本を徹底する。
    @人に近づき過ぎない(間隔は2mが基本)
    Aマスクの着用
    B手洗いの励行
  2 「3つの密」(密閉、密集、密接)を徹底して避ける。
  3 発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモしておく。
4 毎朝、体温測定や健康チェック。症状がある場合は、自宅で療養する。
5 散歩やジョギングなど、心と体の健康を維持するための行動は、時間、場所を工夫する。
6 買い物は、計画的に、少人数ですいた時間に素早く済ます。
市民の皆様には、自分の行動を前向きに変容させ、感染リスクを徹底的に回避していただくとともに、買い物や外食、スポーツなど、社会経済活動のレベルを段階的に引き上げていただきたいと思います。
これから私たちは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止しながら、社会経済活動を発展させていく「新たな日常」をスタートさせることになります。皆様お一人お一人には、ウイルスの特徴を正しくとらえ、感染リスクをコントロールしながら、「新しい生活様式」として示されている行動に馴染み、定着させていくことを心掛けていただければと思います。引き続き、御協力をよろしくお願いいたします。』
高松市長 大西 秀人

<弦打コミュニティセンターでの夏場における換気の実施について(高松市指針に基づく)>
●機械換気の設備がある部屋の換気方法
 空調稼働中でも、「窓を開けた換気」を出来る限り行っています。
●機械換気の設備がない部屋の換気方法
 空調稼働中でも、「窓を全開にして換気」を頻繁に行うようにしています。また、複数の窓がある場合は2方向の窓を開けることや、扇風機も併用するなどの措置を行っています。
ご利用の皆さまにおかれましても、ご協力をお願いいたします。
 
<夏場における家庭内での換気方法の周知について(高松市指針より)>
1、「1時間に2回以上は換気をしよう!」
・30分に1回以上、数分間程度、窓を全開にしましょう。
2、 「空気の流れを作ろう!」
・複数の窓がある場合、2方向の窓を開放しましょう。
・窓が1つしかない場合はドアを開けましょう。
3、「 換気の効果を上げよう!」
・扇風機や換気扇を併用しましょう。
これから暑くなると、エアコンを使う機会が増えますが、通常の家庭用エアコンは空気を循環させるだけで、原則換気は行っていません。 エアコンの使用時にも、時々窓を開けるなど、適切に換気を行いましょう。

2020年05月20日

5月25日からの学校体育施設開放事業の再開について

弦打校区学校体育施設開放運営委員会からのお知らせです。
高松市内の学校が5月25日(月)から再開となることから、適切な感染予防対策を講じた上で、学校体育施設開放事業(体育館、運動場の使用)も再開となります。使用団体の皆さまにおかれましては、次の利用の際の注意点【高松市スポーツ振興課指針より】をご留意して、活動をしてください。
1、感染予防の3つの順守
・人に近づきすぎない。(間隔は2mが基本)
・マスクの着用(運動時を除く)
・手洗い、手指消毒、咳エチケットの励行
2、「3つの密」(密閉、密集、密接)を避ける。
3、発熱や咳等の風邪症状がある方には、利用を控えてもらう。
4、イベント・行事等の開催時は、「高松市主催のイベント・行事等の開催基準」を参考にし、感染防止に努める。
以上、よろしくお願い致します。

2020年05月15日

5月18日から開館を再開し、条件を満たす場合は使っていただけます

弦打コミュニティセンターでは、高松市の要請に基づき、5月31日(日)までお願いしておりました臨時休館の期間が短縮され、5月18日(月)から、感染リスクを避けられる場合にはご利用していただけます。

「市有施設の再開時における貸館実施に関する基本的な考え方」 
1 換気ができない部屋(窓や換気装置がない)は、原則、貸し出さない。
2 参加者間の適切な距離(基本2メートル)が確保できる利用人数を、大幅に超える使用については、貸し出さない。
3 利用者に、次の「注意事項」に留意するよう要請する。
「注意事項」
・参加者相互の距離を十分確保すること。
・施設利用中のマスク着用又は咳エチケットを順守すること。
・定期的な換気を行うこと。
・手洗いの励行又は消毒液等を設置すること。
・発熱や風邪症状がある人へ参加自粛の要請を行うこと。

接触が避けられず「3密」になったり、飛沫が飛ぶような使用団体は、感染拡大防止の観点からご利用いただけません。
また、図書室においては本の貸し出し、返却を受け付けますが、長い間、留まることや、人が密集してしまうことが避けられない場合は、ご利用できません。
コミュニティセンター主催講座につきましては、5月末日まで中止が決定しております。

感染のリスクがあることを踏まえ、何卒、ご理解ご協力をお願いいたします。
今後とも弦打コミュニティセンターをよろしくお願いいたします。

2020年05月01日

臨時休館が5月末までに延長されました

弦打校区コミュニティ協議会より、重要なお知らせです。
弦打コミュニティセンターは、5月31日(日)までの間、臨時休館を延長することといたします。本日5月1日、第7回高松市新型コロナウィルス対策本部会議が開催され、市有施設の引き続きの休館が決まったことによるものです。
職員は平日の昼間、緊急連絡に対応するため事務室におりますが、人数を減らしており一人のときもありますので、対応までに時間を要することがあります。ご迷惑をお掛けしますがご理解いただきますようお願いいたします。
弦打出張所は、8時半〜17時まで窓口業務(住民票発行等)を行っております。玄関がひとつですので、建物を開けておりますが、弦打コミュニティセンターは図書室、印刷室など含め貸館をせず「休館中」です。
感染拡大防止のため、引き続きご協力をお願いいたします。

2020年04月24日

コミュニティセンターは新型コロナウィルス感染拡大防止のため現在休館中です(出張所業務は継続中)

 4月20日の高松市新型コロナウイルス対策本部会議の「高松市主催のイベント・行事等に関する基本方針」により高松市内コミュニティセンター臨時休館が取り決められ、弦打コミュニティセンターでも5月6日(水)までの間、臨時休館中です。
 同じ建物のなかに、高松市役所弦打出張所が入っており、こちらはコミュニティセンターの運営とは異なり、出張所窓口は平日8:30〜17:00まで、業務を引き続き行っています。(住民票発行など)
 コロナ感染拡大防止のために、コミュニティセンター部分はご利用ができないことをご理解いただきたく、心よりお願い申し上げます。
 最近は隣接地域でクラスターが発生するなど、3月、4月始めより、状況がより深刻なものとなっております。
 弦打コミュニティセンター事務室勤務の職員につきましては、高松市の要請に基づき、感染拡大防止の観点から、休館中は高松市や地域の方との連絡・事務のため、人数を極力減らして平日の9:00〜17:00に、対応いたします。電話やファックス等で用事が出来る場合は、ぜひともご協力ください。対面になる場合は、マスク着用と、お互いの飛沫が飛び散らない距離での会話にご協力ください。また一人勤務の場合がありますので、電話対応においても対応まで時間を要することがあります。ご理解いただけたらと思います。
 地域の皆さまには、大変ご不便をおかけしますが、更なるご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

弦打出張所(住民票発行など行政部分)電話 087−882−0891

弦打コミュニティセンター 電話(兼ファックス)087−882−0285
弦打コミュニティセンター携帯電話(メール不可の契約の携帯電話でSNSはできません)080−9836−2721

2020年04月21日

高松市のコミュニティセンター臨時休館(5月6日まで)

昨日4月20日(月)、第6回高松市新型コロナウイルス対策本部会議が開催され、「高松市主催のイベント・行事等に関する基本方針」が新たに定められました。
弦打コミュニティセンターについては、4月22日(水)から5月6日(水)までの間、臨時休館とすることとします。コロナ感染拡大防止のため、地域の会合、同好会の使用はもとより、打合せや印刷室の使用についても全てできません。
なお、弦打出張所の窓口は平日8:30〜17:00まで、住民票発行などの業務は引き続き行います。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

5月6日まで高松市のコミュニティセンターは休館します

昨日4月20日、第6回高松市新型コロナウイルス対策本部会議が開催され、「高松市主催のイベント・行事等に関する基本方針」(別添1)が新たに定められました。
弦打コミュニティセンターについては、4月22日(水)から5月6日(水)までの間、臨時休館とすることとします。地域の会合、同好会の使用はもとより、打合せや印刷室の使用についても全てできません。
なお、弦打出張所の窓口は平日8:30〜17:00まで、住民票発行などの業務は引き続き行います。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願い致します。